印刷版   

爆発事件の現場

雲南省昆明市:連続バス爆発事件、専門家は五輪警備の限界性を指摘

 【大紀元日本7月23日】中国雲南省昆明市では7月21日、バス爆発事件が3件連続して発生、現時点において3人が死亡(2人は現場で死亡、1人は病院搬送中に死亡)14人が負傷したもよう。当局は今回の一連のバス爆発は計画的な犯罪事件として調査している。

 中国国内メディアによると、7月21日午前7時ごろ、昆明市の市営バス「54路バス」が昆明医学院付属第一医院付近のバス停に停車した際、突然爆発した。乗客1人が死亡、9人が負傷したという。
爆破事件現場の状況


 その1時間後の午前8時ごろ、同じく運行中の「54路バス」が人民西路と昌源中路の交差点で爆発、乗客1人が死亡、4人が負傷した。

 同日に、昆明市内岷山地区のとあるバス停で、またもやバス爆発事件が発生した。

 第1件目の爆発を目撃した交通整理員の証言によると、バスがバス停で停車する際に突然爆発した。当時約30数人の乗客が乗っており、バス停には十数人がいた。乗客からは、直前に、バスに正体不明な異物が置かれ、2人の男性が降りた直後に爆発が発生した、との証言も得られた。その事件現場から十数メートル離れたところにいた市民は、爆発の衝撃により数秒間にめまいを起こしたという。

 同じ日に3件のバス爆発事件が発生したことに、市民の間に不安が広まり、「しばらくは公共交通を利用しない、危険すぎる」などの声が連続して上がった。

 一方、その前日の7月20日午後3時半ごろ、何者かが「北京市通州区の地下鉄「9棵樹駅」構内に爆発物がある」と緊急通報してきたため、大勢の特殊警察、武装警官、消防隊員が現場に入り、周辺を封鎖して約1時間にわたり捜索を行なったが、結局不審物を発見できなかった。

 北京五輪の開催が近づく中、中国各地で物々しい警備を敷いているが、大規模な抗議事件は後を絶たない。

 数日前に、雲南省の孟連県で地元当局による農地の強制徴収に反対する農民千人あまりが抗議活動を行ったが、その際警官と農民が衝突し、農民2人が撃たれて死亡、数十人が負傷したもよう。

 広東省の恵州市博羅県で7月17日、湖南省出身の出稼ぎ労働者が交通違反した際警察に殴られ死亡したため、数百人の湖南省出稼ぎ労働者が抗議に出て、パトカーと駐在所を壊す事件が発生した。

 6月末では、貴州省の瓮安県でも少女が強姦・殺害される事件への地元当局の対応に怒った農民数万人がパトカーに放火、役所ビルを壊すなどの激しい抗議活動を起していた。

 中国問題の専門家は、「中国国内における幹部の汚職や、貧富の格差により様々な社会不安を生み出している。弱者層の間に溜まる政権への不平不満は爆発寸前であり、これからも同様の事件が益々増えていくはず」との見方を示し、中国当局の五輪開催中の厳しい警備には限界があると指摘した。

(翻訳・叶子)

 (08/07/23 06:15)  





■関連文章
  • 公安局ビルで爆発事件発生=中国湖南省永州(08/07/22)
  • 中国雲南省=民衆と警察の衝突、公安が村民2人を射殺(08/07/22)
  • 中国河北省:広宗県公安で爆弾が爆発、10人が負傷(08/07/22)
  • 地下鉄爆発物騒ぎ,駅が一時封鎖=北京(08/07/22)
  • 【オピニオン】北京市民の目に映る「北京五輪」(08/07/19)
  • 北京五輪ヨットレース、会場地の緑藻被害が拡大(08/07/14)
  • 北京五輪警備費、100日で4235億円 (08/07/10)
  • オリンピックまであと30日 北京の大気汚染は基準を5倍超過(08/07/09)
  • 中国各地、民衆抗議事件相次ぐ(08/07/05)
  • 農地開拓による原生林伐採=雲南省シーサンパンナ(08/07/01)
  • 北京五輪マスコットが悪魔に?(08/06/25)
  • 北京五輪トーチリレー:厳戒のチベット、3時間で終了(08/06/24)
  • 人権聖火リレー東京、人権弾圧のない北京五輪を!(08/06/18)
  • 北京オリンピックと法輪功=知っておきたい10の要素(08/06/13)
  • チベットの爆発案件:亡命政府幹部、冤罪の可能性示唆(08/06/07)