印刷版   

「ラ・ニュー」日本現地法人の伊藤孝英さんと自社ブランドの靴(大紀元)

「LA NEW」ウォーキング・コンフォート、東洋人にやさしい靴創り

 【大紀元日本7月5日】KONAMI杯アジアシリーズ2006で来日し、北海道日本ハムファイターズと東京ドームで決勝を戦い、二位になった台湾リーグの「ラ・ニュー・ベアーズ」という球団があった。この親会社である台湾の靴製造メーカーが平成18年から日本に上陸、“ウォーキング・コンフォート”をキャッチフレーズにダンビロ・甲高の東洋人の足にフィットした靴で国内シェアに挑戦している。

 銀座中央通りに本社を構える「ラ・ニュー」日本現地法人の営業企画推進課長・伊藤孝英さんは、「元来、足にやさしい靴創りというものは、ドイツがその発想の原点。わが社は、これに東洋的な発想を加えることにより、ヨーロッパとはまた一味違ったものを出している。全ての靴がぶこつに見えるが、内に仕込んだインソールといい、歩いて快適な人間にやさしい靴創りを目指している」と、国内の認知度はまだこれからだが、その機能性で国内シェア獲得に自信を覗かせる。

 ラ・ニューの会長は台湾人の劉保佑氏で、「常に新しいチャレンジを続けていく」を標榜、創業以来強気の事業拡大を実現し、現在は台湾国内のみならず、中国、ベトナム、アメリカ、メキシコ、カンボジア、日本に現地法人を置いている。台湾国内のイメージキャラクターは、映画俳優の金城武さん。傘下球団の台湾プロリーグ「ラ・ニュー・ベアーズ」の初代監督は、元西武ライオンズOBの大田卓司氏、バッティングコーチは元読売ジャイアンツOBの呂明賜氏というのも、日本人に親しみのあるところだろう。

(記者=倍貝)

 (08/07/05 11:34)  





■関連文章
  • 中国当局、台湾に真相伝え活動の禁止を要求(08/06/29)
  • 国外亡命の中国当局幹部、ニュージーランドに保護される (08/06/28)
  • 米フラッシング事件:在米台湾人、中国領事館工作員の画策を証言(08/06/21)
  • 人権聖火台湾リレー終え、いよいよ日本に(08/06/15)
  • 雨靴をはいた子豚=英国(08/06/15)
  • 台湾:各地で人権聖火リレー千人以上が参加(08/06/09)
  • 【人権聖火リレー】台湾入り、中国共産党の人権侵害を非難(08/06/03)
  • 台湾沿岸でM6.8地震(08/06/01)
  • 米国在住中国人女性、スパイ容疑認める(08/05/30)
  • 米上院報告書:中国のソフト・パワーを分析、限定的な影響力(08/05/09)
  • 米「2008年世界報道自由度」:台湾がトップの座、北朝鮮最下位(08/05/01)
  • グッチのロゴマーク無断使用で中国靴メーカーに賠償命令(08/04/18)
  • 馬英九・次期台湾総統:香港市民は台湾へ、ノン・ビザの検討へ(08/04/17)
  • 台湾次期副総統、胡総書記と初会談(08/04/15)
  • 【台湾通信】春爛漫、赤もみじ(08/04/13)