印刷版   

集会で発言するスミス議員(大紀元)

訪中した米議員、「北京五輪が大規模な弾圧を招く」

 【大紀元日本7月3日】米国下院議員2人がこのほど北京を訪問、中国の人権派弁護士と会う予定だったが実現できなかった。また、2人は中国当局に700人の監禁中の政治犯の名簿を提出、関連説明を求めたという。

 そのうちの1人、米国共和党の下院議員、クリス・スミス氏は議会の行政機構・中国委員会のベテラン委員である。

 スミス議員は帰国後の7月2日、記者の取材で「不幸なことに、北京五輪は大規模な弾圧を引き起こしている。その目的は、政府の調和路線と異なる観点を持つ人々が声を発するのを阻止し、外部との接触を絶たせるため」と述べ、3日間の中国訪問で遭遇したことを実例として挙げて説明した。

 「我々は3人の人権派弁護士と夕食会の約束を事前に交わした。しかし、その前日の夜に、彼らは警察当局に脅かされた後、軟禁されたり、強制連行されたりとなった」。また、同議員と会談したキリスト教家庭教会の張明宣(音読)牧師も直後に軟禁されたという。

 スミス議員は「民主を切に求めるこれらの勇敢な人々は脅迫・騒乱に耐え続けている。誠に感動した」と語った。

 この3人は李和平氏、李柏光氏、騰彪氏。先の2人は最近、米国国家基金会の民主賞を受賞し、ホワイトハウスに招かれブッシュ大統領と面会したばかり。

 スミス議員と同行したのは、米下院外交事務委員会の委員、共和党のフランク・ウルフ議員。2人は「中国人民代表大会外事委員会」の李肇星・主任に734人の中国政治犯の事案名簿を提出したもよう。

 ウルフ議員曰く、「中国の政治犯の名簿は永遠に完全収集できないはずだが、これは現時点で得られる最も詳細で最も完全なリストと思う」。

 米国VOAによると、記者が中国外交部の劉建超・報道官に、上記の2人の議員の談話にコメントを求めたところ、同報道官は、政治犯の名簿提出を把握していないなどと答えた。

 
(翻訳・編集/叶子)


 (08/07/03 08:59)  





■関連文章
  • グローバル人権聖火リレー:福岡市で盛大に閉幕、韓国へ引継ぎ(08/07/02)
  • 米政府、中国人権派弁護士らに民主賞授与(08/06/30)
  • 五輪ヨットレース開催地、緑藻が異常繁殖=中国青島市(08/06/30)
  • IOC:中国当局へ、政治とスポーツを分けるよう要求(08/06/28)
  • 五輪報道自由の約束不履行で、中国当局を非難=国境なき記者団(08/06/27)
  • 米国議会、北京五輪前の宗教弾圧報告会(08/06/26)
  • 北京五輪マスコットが悪魔に?(08/06/25)
  • 中国中央宣伝部、五輪報道で通達(08/06/25)
  • 北京五輪トーチリレー:厳戒のチベット、3時間で終了(08/06/24)
  • 新唐人衛星テレビ局アジア向放送が中断、中国当局の妨害か(08/06/23)
  • 人権聖火リレー大阪:雨の中、笑顔で「人権なくして北京五輪なし」(08/06/23)
  • 五輪期間、北京市の車両を半減(08/06/22)
  • 五輪中のハンセン病患者入国禁止、日本関連団体が中国側に相次いで抗議(08/06/22)
  • 人権聖火リレー東京、人権弾圧のない北京五輪を!(08/06/18)
  • 韓国:五輪トーチリレーで逮捕された中国人留学生、起訴の可能性(08/06/18)