印刷版   

北京市の中心部・前門東で、地方から来たと思われる人の身分証をチェックしている男女の警察官(写真=boxun.comより)

五輪直前の北京市、厳しい警備体制が始動

 【大紀元日本7月12日】北京五輪開催が近づくにつれ、中国当局は北京市に入る車両、観衆、観光客への厳しい検問を始めている。

 香港紙『南華早報』によると、来週から9月末までの間、北京入りする車両は計数百箇所の検問所を通らなくてはならない。これらの箇所には金属探知機、X線検査装置、爆発物を発見する警察犬などが配備されているという。

 また、報道によると、現場の警察官には違反物品を押収したり、疑わしい人物を逮捕したりする権限があるという。第一の警備ラインは高速道路、空港、地方をつなぐ列車の駅。第二の警備ラインは北京市周辺の6つの近郊地域にある主要道路。第三の警備ラインは市内の主要道路。

 競技場として使用される北京大学はこの2カ月間安全上の理由で観光客の立ち入りを禁止。また、競技場を訪れる五輪観客は、タバコを吸うためのライターの持込は禁止され、長い傘と手荷物も検査を受けなければならないという。

(翻訳・叶子)


 (08/07/12 12:43)  





■関連文章
  • オバマ氏、ブッシュ大統領五輪参加を非難(08/07/11)
  • 中国:インターネットで五輪関連の情報掲載禁止(08/07/11)
  • 北京五輪警備費、100日で4235億円 (08/07/10)
  • 天津競技区中継センター、建築現場事故41人負傷(08/07/09)
  • オリンピックまであと30日 北京の大気汚染は基準を5倍超過(08/07/09)
  • 青島五輪ヨットレース開催地:止まらぬ緑藻の氾濫(08/07/09)
  • 頻発する国内動乱、五輪の脅威として懸念=中国政府官員(08/07/08)
  • 五輪のため、学生寮を追い出される大学生=北京(08/07/05)
  • カナダ評論家 中国で頻発する重大事件に注目(08/07/04)
  • 訪中した米議員、「北京五輪が大規模な弾圧を招く」(08/07/03)
  • グローバル人権聖火リレー:福岡市で盛大に閉幕、韓国へ引継ぎ(08/07/02)
  • 五輪ヨットレース開催地、緑藻が異常繁殖=中国青島市(08/06/30)
  • IOC:中国当局へ、政治とスポーツを分けるよう要求(08/06/28)
  • 五輪報道自由の約束不履行で、中国当局を非難=国境なき記者団(08/06/27)
  • 米国議会、北京五輪前の宗教弾圧報告会(08/06/26)