印刷版   

米国連邦緊急事態管理局(FEMA)の管理する油槽でオイル漏れが確認された(Getty images)

地下油槽漏れ、汚染の恐れ=米国

 【大紀元日本8月15日】米国が冷戦時代に建造した数百ヶ所の緊急用地下油槽では、有害物質による土壌および地下水汚染を防ぐため、現在漏洩状況の検査が急がれている。連邦緊急事態管理局(FEMA)によると、現在少なくとも150ヶ所の地下油槽が検査を必要としており、9月前にはこれ以外の124ヶ所の地上或いは地下油槽についても検査をするかどうかを決定するそうだ。

 AP通信社によると、すでに1990年代、FEMAは管理する地下油槽の漏れを確認していたが油槽漏洩についての文書や影響のある地域の報告はこれまでなかったという。事実、これは氷山の一角に過ぎず、ミルフォードのエンバイロメンタル・データ・リソース社の資料によると全米50万ヶ所の地下油槽でオイルが漏れており、総数の約半分を占めているという。これらの油槽は個人あるいは地方、州、連邦政府によって各々管理されている。

 当時の地下油槽は全て鉄で建造されており、核戦争あるいは大災害時の発電機供給のためのものであった。歳月とともに鉄製品は錆びるのでオイル漏れが発生した。これらの地下油槽は恐らく何年もの間漏えいしていたと思われるが確認する方法がなかったようだ。しかも、1ガロンの燃料オイルは百万ガロンの水を汚染するそうだ。もし地下水がオイルで汚染されれば、その水を飲用すると発ガン、腎臓のダメージおよび神経系統失調のリスクが増加するという。

 
(記者・葉恩婕、翻訳・坂本)


 (08/08/15 08:43)  





■関連文章
  • ブッシュ大統領に会おうとした地下教会牧師、拘束される(08/08/13)
  • 香港:地下鉄で疑似爆発物(08/08/10)
  • 米フラッシング事件:米議会議員35人、米大統領に調査呼びかけ(08/08/03)
  • 米放送管理局が転向、対中国唯一「情報・自由の窓」閉鎖の危機(08/07/31)
  • 北京五輪に向け全面規制開始、警察関係者数十万人北京に集結(08/07/25)
  • 米国議会人権議員連盟、中国のウイグル族弾圧を糾弾(08/07/16)
  • NYフラッシング事件:暴漢ら警察に連行される(08/06/25)
  • 在米華人エンジニア、産業スパイとして懲役刑(08/06/21)
  • 国連高等弁務官 世界的な難民増加を懸念(08/06/21)
  • 米下院議員ら中国のハッカー侵入公表、警戒呼びかける(08/06/14)
  • 北京五輪直前、各国メディアが取材制限に直面(08/06/12)
  • 生エイリアン、ビデオ初公開=米国(08/06/07)
  • 米ニューヨーク:中国総領事、中国人集団襲撃事件の策謀認める(08/05/24)
  • 米国:商業ミツバチ36%が死亡 作物の収穫に影響(08/05/13)
  • バイオディーゼル燃料、未来の燃料となるか(1)(08/05/09)