印刷版   

新疆ウイグル:武装警察、日本人記者に暴行

 【大紀元日本8月6日】日本人記者二人が4日深夜、中国新疆ウイグル自治区内で中国武装警察の襲撃事件を取材中、武装警察当局に拘留殴打された。日本側は遺憾の意を表しており、現地の武装警察当局は5日、この記者二人に謝罪した。

 日本テレビの記者・勝田真司さん(37)と東京新聞のカメラマン・川北真三さん(38)は、カシュガルで取材中、4日深夜に武装警察の警備網を潜り抜け、警察署内に進入したところ、顔面と腹部を殴打され、撮影機材は破損、約二時間の拘留後、5日に解放された。

 報道によると、香港の記者もまた拘留された。

 中国側のこうした対応は、日本側に強烈な不満を引き起こし、日本テレビと東京新聞は相次いで抗議の評論を発表、町村官房長官は5日の記者会見で関係部門に資料の提出を求めた。もし事実関係が明らかになれば、中国側に対して強い抗議をするとしている。日本のメディアは5日午後にこの件について報道、現地の武装警察幹部が拘留された記者に謝罪したことを伝えた。

 この記者二人は幸いも軽傷だという。

 中国政府は、北京五輪の誘致に際して、国際社会に報道の自由を約束したが、今回の事件は国内の民族問題とともに、その報道統制の実態を浮き彫りにする結果となった。

 (08/08/06 22:30)  





■関連文章
  • 【コメディー】北京五輪の怪(08/08/06)
  • 行方不明の高智晟弁護士、監禁され拷問か(08/08/06)
  • 天安門広場:立ち退き者が抗議活動(08/08/06)
  • 北京五輪:人権団体、労働収容所ガイドを発表(08/08/06)
  • 北京五輪前、チベット寺院取り締まり強化(08/08/05)
  • EU議会議長:人権に関心を、五輪選手らに呼びかけ(08/08/05)
  • 中国当局、外国メディア数社のサイト封鎖一時解除(08/08/04)
  • 中国民主活動家ら、ブッシュ米大統領と会談(08/08/02)
  • 北京五輪: 外国人宿泊客のインターネット利用、監視される可能性=米議員(08/08/02)
  • 北京、海外報道関係者を制御開始=仏メディア(08/08/02)
  • 五輪目前、北京市周辺の省市で大停電開始(08/08/02)
  • 来日予定の中国民主活動家、香港で入国拒否される(08/08/02)
  • IOCが中国当局に妥協=ネット封鎖解除ならず(08/08/01)
  • 北京五輪、市内は公衆トイレ不足(08/08/01)
  • 新唐人衛星放送の再開交渉:仏元政府長官、仏大統領へ呼びかけ(08/07/31)