印刷版   

北京五輪、市内は公衆トイレ不足

 【大紀元日本8月1日】香港紙「林檎日報」によると、五輪を目前に控えた北京では、いまだに公衆トイレが不足しているという。

 報道によると、北京当局はここ数年、5億元を投資して、市内の公衆トイレを修繕・設置してきたが、それでも足りず、衛生環境も良くないという。そこで大きなホテルが外国人観光客のためにトイレを貸し出すことになったが、利用する際にはパスポートなどの身分証明書を提示することが必要だ。

 これまで、北京での公衆トイレ事情は、一種の悪夢だった。

 公衆トイレを探し出しても、その悪臭と劣悪な衛生環境に、多くの人が辟易してしまう。

 北京当局は2001年から五輪準備の一環として、公衆トイレ約5000カ所を修繕し、全市をあげての「トイレ革命」に乗り出した。

 「林檎日報」の記者は、実際にオリンピック会場や市内各所を回ったところ、「トイレ事情」を解決するのは大変なことだったと伝えている。

 北四環から大屯路まで、また2キロメートルの北辰東路の両側には、たった四基の水洗トイレしかなかった。

 鳥の巣の南側には、人の流れが大きくなっていたが、この種の水洗トイレを発見することはできなかった。

 五輪会場の中心地区、鳥の巣からそう遠くない公衆トイレでも、水が溜まり、吸殻、痰、臭気で目もあてられないという。

 これ以外にも、二環以内の老城区では、これまで一列に並ぶしゃがみ式の露天便所だったが、これに間仕切りがされている。

 しかし、これらは独立した便所ではなく、通風も悪いため、タバコの煙や異臭に悩まされる。

 市内の高級レストランやホテルなどは、これまで観光客にトイレを貸し出してきたが、五輪直前の現在では、観光客でもセキュリティ・チェックを受けねばならず、また身分証も提示しなくてはならない。

 
(翻訳=倍貝)


 (08/08/01 00:08)  





■関連文章
  • 新唐人衛星放送の再開交渉:仏元政府長官、仏大統領へ呼びかけ(08/07/31)
  • 北京五輪:金メダルに隠された莫大なコスト(08/07/31)
  • 8月3日【大紀元セミナー】チベット弾圧、四川大地震、北京五輪…中国はどこに行くのか?(08/07/30)
  • 北京:大気汚染改善ならず、選手団防塵マスク大量持参(08/07/30)
  • 中国国内で爆破テロ予告相次ぐ(08/07/30)
  • 北京の外来民工、五輪前に整理(08/07/29)
  • 北京五輪トーチリレー、史上最多の火が消えた記録(08/07/29)
  • 五輪トーチ到着前夜、大火災発生=中国河北省(08/07/29)
  • 昆明市バス爆破事件でテロ声明、ねつ造の可能性=欧州ウイグル団体(08/07/29)
  • 法輪功弾圧停止求める署名121万人、国際オリンピック委員会に提出=CIPFG(08/07/28)
  • 五輪開催直前:米国下院、中国人権決議案提出(08/07/28)
  • 「中国台北」から「中華台北」に=五輪出場表示名称、台湾の抗議に北京が妥協(08/07/27)
  • 新華社・胡錦涛青島視察報道写真、実は合成(08/07/27)
  • 【北京コレクション】(12)北京に暮らす人々②(08/07/27)
  • 天安門事件写真掲載、「新京報」緊急回収=北京(08/07/27)