印刷版   

8月12日、米国ネバダ州ミード湖国立保養地で撮影されたペルセウス座流星群(Getty images)

夜空をかけるペルセウス座流星群=米国

 【大紀元日本8月15日】12日、ペルセウス座流星群の母彗星であるスイフト・タットル彗星の回帰に伴い、彗星の活動が活発になり流星雨が現れた。地球と彗星の軌道が交わる時、彗星の後方にできた塵が地球の大気圏に突入し燃焼発光するため、このような壮観な流星群が形成されるという。

 一般に、流星雨の小規模爆発では毎時十数個の流星が観測できればいいほうであるが、ペルセウス流星雨は13日午前1時から3時にかけてピークとなり、1時間に100個近くの流星が夜空を駆けた。

 
8月12日、米国ネバダ州ミード湖国立保養地で撮影されたペルセウス座流星群(Getty images)

8月12日、米国ネバダ州ミード湖国立保養地で撮影されたペルセウス座流星群(Getty images)

8月12日、米国ネバダ州ミード湖国立保養地で撮影されたペルセウス座流星群(Getty images)

ペルセウス座流星群は、1年に現れる3大周期性流星群の一つで、数が多いだけでなく、毎年決まった時期に現れるため、星を専門に観察する人でなくても観測しやすい流星群である。

 日本でも、12日夜から13日未明にかけてが観測のピークで、全国各地で観測された。今後も数は少なくなるものの数日間は観測できるという。

(翻訳/編集・坂本)


 (08/08/15 00:00)  





■関連文章
  • 五輪開幕日:仏各界新唐人TV支持者、衛星放送再開呼びかける(08/08/09)
  • 欧州理事会副会長来日、「中国共産党政権は1年以内に崩壊」(08/08/09)
  • 新唐人衛星放送の再開交渉:仏元政府長官、仏大統領へ呼びかけ(08/07/31)
  • 米放送管理局が転向、対中国唯一「情報・自由の窓」閉鎖の危機(08/07/31)
  • 駐伊・中国大使、中国向け放送中断事件への関与認める(08/07/25)
  • 五輪期間予約見込みはずれ、北京のホテル大ピンチ(08/07/25)
  • NTDTV中国向け放送遮断事件:EU議員ら共同記者会見、中国当局とユ社の報道妨害を非難(08/07/19)
  • 国境なき記者団:ユーテルサット社を非難、新唐人アジア放送再開を呼びかける(08/07/17)
  • 欧州理事会副委員長、新唐人テレビ中国放送の再開を要求(08/07/17)
  • 五輪前に独立系メディアの衛星放送を中断、原因は「中国からの圧力」(08/07/15)
  • 中国大陸向け真相放送を絶やすな=新唐人テレビ支持者ら、国際社会の支持呼びかけ(08/07/11)
  • スラーヤ3号 商用サービス開始(08/06/25)
  • 新唐人衛星テレビ局アジア向放送が中断、中国当局の妨害か(08/06/23)
  • 地球に似た惑星を発見=欧州(08/06/20)
  • 五輪トーチリレーで明らかになった国家衛生都市「広州」の実態(08/05/12)