印刷版   

五輪開催中もチベット人は虐待されている=ダライ・ラマ

 【大紀元日本8月18日】チベット精神指導者ダライ・ラマは8月16日、北京五輪開催中にもかかわらず、中国では依然としてチベット人たちが虐待を受けていると指摘した。

 ダライ・ラマはフランス・TF1テレビ局の取材で、五輪期間中は停戦するという伝統は尊重されているかという質問を受けた時、「非常に不幸なことに、中国政府職員はチベットにおいてオリンピック精神を少しも尊重していない」と述べた。

 また、「チベットでは情報が制限され、非常に厳しい審査を受けている」「一般市民は常に逮捕され、虐待を受け死亡している。本当に、非常に悲惨なことである」と指摘している。

 ダライ・ラマはフランスを2週間訪問したが、主に宗教活動に関係しており、政治議題に対しどのような評論もしなかったが、13日のフランス議員との会談時、中国のチベットにおける行為を批判した。

 ダライ・ラマの訪問はフランス国内で論争を巻き起こし、サルコジ大統領が中国の圧力に屈服しダライ・ラマとの面会を望まなかったと批判した者もいる。

 ダライ・ラマは16日、仏大統領選挙の際、サルコジ氏と争ったロワイヤル氏と面会した。ロワイヤル氏はチベット訪問の意思を示している。

 外国人活動家は北京五輪期間中、北京において多くの抗議活動を行い、中国のチベット人弾圧に対する非難を強調している。しかしダライ・ラマはチベット支持者に対し、五輪の妨害をしないよう呼び掛けている。

 
(翻訳・坂本)


 (08/08/18 06:29)  





■関連文章
  • 北京五輪開会式:「56民族の子どもたち」、実は漢民族(08/08/18)
  • 五輪サッカー開催地で爆破事件、テロの疑い(08/08/16)
  • チベット問題の支援者、CCTV周辺で抗議活動(08/08/15)
  • 緑と水にうるおう北京、干害に苦しむ隣省(08/08/15)
  • 中共の孤立希望しない=ダライ・ラマ(08/08/15)
  • 北京五輪開幕日、チベット支持者ら剃髪で抗議=デンマーク(08/08/13)
  • 北京五輪開会式、逆さで現れた中国国旗(08/08/13)
  • ブッシュ大統領に会おうとした地下教会牧師、拘束される(08/08/13)
  • 勇者たちを見捨ててはならぬ! 其の二(08/08/13)
  • 在日チベットコミュニティー、怒りの六本木デモ(08/08/11)
  • ネパール中国大使館警備強化、チベット人抗議者300人拘束(08/08/10)
  • 強制送還された抗議者3人、ニューヨークに戻る(08/08/10)
  • 特別インタビュー:米元五輪金メダリスト、中国当局のビザ取り消しについて語る(08/08/10)
  • 北京は厳重警備された強制収容所=インド紙社説(08/08/10)
  • 五輪開会式1時間前、「鳥の巣」付近でチベット旗で抗議(08/08/10)