印刷版   

北京のショッピングセンターの噴水で遊ぶ子ども=2008年8月4日(GettyImages)

緑と水にうるおう北京、干害に苦しむ隣省

 【大紀元日本8月15日】北京五輪会場の至るところに池や噴水が作られ、人々に涼しげな印象を与えている。しかしこれらの水のほとんどが隣接する河北省から引いてきた水で、すでに8年間干ばつに悩まされている河北省に更なる追いうちをかけ、長期にわたる渇水状態に陥る恐れがあるという。

 夏の盛りにある北京では常に水の律動が感じられる。五輪の為に主要な競技場の近くには池や噴水が作られ、多くの美観増加のための青々とした水は海の一部のようだ。また広場、公園の花木も枝葉を茂らせている。しかし、この美観は、周辺の地域に干ばつをもたらしている。

 カナダの環境保護グループ“国際調査”の報告によると、北京で使用されているこれらの用水が近隣の河北省から引かれているということを中国当局は否認しているという。

 北京周囲の河北省の多くの町や村を訪ねてみると、田畑には何の作物も育っておらず荒涼とした風景が続いている。水は全て北京へ導水してしまったために人々は遠くまで水汲みに行かなければならない。五輪競技会場のためにダムの水はほとんど底をつき、水量はわずか10%しか残っていないという。

 情報によると、北京の用水は本来ならば不足しており、市民ひとりひとりが使用できる水資源はイスラエルよりも少ないはずだという。五輪開催後、すでに8年もの間干ばつに悩まされている河北省が長期干害に陥る可能性は極めて高いと見られる。

 
(翻訳・坂本)


 (08/08/15 08:11)  





■関連文章
  • 北京五輪開幕日、チベット支持者ら剃髪で抗議=デンマーク(08/08/13)
  • 北京五輪開会式、逆さで現れた中国国旗(08/08/13)
  • 勇者たちを見捨ててはならぬ! 其の二(08/08/13)
  • 特別インタビュー:米元五輪金メダリスト、中国当局のビザ取り消しについて語る(08/08/10)
  • 北京五輪:観光名所で米国人旅行者が襲われる、1人死亡・2人重症(08/08/09)
  • 北京五輪開幕、世界各地で抗議活動(08/08/09)
  • 「北京2008 我々の悪夢」=米牧師、北京ホテルの壁にペンキで抗議(08/08/08)
  • 五輪開催前、バス爆発事件連続発生=北京(08/08/08)
  • 開催10時間カウントダン、緊張高まる北京=写真報道(08/08/08)
  • 五輪直前の北京街頭の様子(08/08/08)
  • 行方不明の高智晟弁護士、監禁され拷問か(08/08/06)
  • 天安門広場:立ち退き者が抗議活動(08/08/06)
  • 北京五輪:人権団体、労働収容所ガイドを発表(08/08/06)
  • 8月3日【大紀元セミナー】チベット弾圧、四川大地震、北京五輪…中国はどこに行くのか?(08/07/30)
  • 中国河北省:化学製品工場の塩素漏れ、百人余り死傷(08/07/30)