印刷版   

減速する中国経済、五輪で人々の注意は逸らされたが、その恩恵を受ける者はほとんどいない=2008年8月4日、北京でニンニクやショウガを売る男性(Valery Hache/AFP/Getty Images)

五輪後の中国経済、景気減速の兆し

 【大紀元日本8月26日】中国共産党の機関紙「人民日報」英文版は、五輪の中国経済への影響について、強気な見方を示している。同紙8月18日付記事によると、「経済は、オリンピックによってダメージを受けることはない」、また19日には「中国経済は、オリンピックをピークに衰えることはない」、更に21日には「専門家:オリンピック後の北京経済は、ぶれたりしない」と発表し、国民を鼓舞するような記事が目立った。オリンピック開催中のこの期間、暗くなるような記事はご法度なのかもしれない。開幕前から言われてきた「ポスト五輪の経済減退」という懸念を、なんとしても払拭したいかのような論調だ。

 一方、海外の中国ウォッチャーは、違った見方をしている。シティーバンクの経済専門家ケン・ペン(Ken Peng)氏は、輸出の伸びの鈍化、原油価格の高騰などの要素により、中国景気の減速は不可避だと今月初めにインターナショナル・ヘラルド・トリビューン紙に語っている。また、同氏は、政府がインフレ抑制のために行ってきた金融の引き締めを今月、緩めたことについて、「中国政府が経済減退を懸念したために決定した政策」と見ており、「最近のデータを見ると、(中国の)景気は既に減速に入っており、オリンピックで更に悪化のリスクを見せるかもしれない」と述べている。また、JPモルガン中国市場責任者のジン・ウルリッヒ(Jing Ulrich)氏も、「中国経済は、確かに減速している」とビジネス・ウィークに語っている。

 中国語系放送局・新唐人のビジネス・コメンテーター、ウィリアム・メイ氏も、ポスト五輪における中国経済の減退を予測している。メイ氏によると、地元政府への主な収入は、国有の土地を住宅地や産業地として売買して得たもので、それが不動産バブルに拍車をかけてきたという。しかし、今年に入って見られた急激な株価の下落により、投資家の資産も減り、バブルの崩壊が始まると主張している。

 メイ氏はまた、ポスト五輪の中国経済は崩壊し、それが大きな社会変化をもたらすと予測している。

(記者キャシー・シュー、翻訳編集・田中)


 (08/08/26 06:47)  





■関連文章
  • 米サブプライムローン問題、中国経済にも大きなダメージ  (08/07/24)
  • 中国不動産市場の低迷、10月に「強震」の可能性(08/05/31)
  • 中国第2四半期のCPI上昇率は7・8%=北京大学中国経済研究センター「朗潤予測」(08/05/03)
  • 程暁農:2008年は中国経済全面崩壊の始まり(08/04/12)
  • 08年中国十大暴利業界調査=1位不動産業界 2位メガネ業界(08/04/05)
  • 豪州、日本不動産物件が人気=上海不動産商談会(08/04/03)
  • 不動産仲介業者相次いで倒産、払拭できない調整政策への懸念=中国深セン(07/12/10)
  • 中国株式市場にバブル化の兆候=専門家が再び警告(07/10/30)
  • 中国江蘇省無錫市:家屋強制移転めぐり、自爆事件で死傷者(07/10/24)
  • 中国26歳女性がアジア一の大富豪に=Forbes誌アジア長者番付(07/10/11)
  • 米FRBのグリーンスパン前議長:中国株式市場、バブルの兆し強い(07/10/05)
  • 強制的立ち退き、老人死傷者続出=中国武漢市(07/09/24)
  • 中国の学校、生徒による株取引への注意呼び掛けへ(07/09/11)
  • 中国バブル経済と解決策(07/08/02)
  • 6月中国都市部不動産価格、前年比+7.1%=国家発展改革委(07/07/24)