印刷版   

中国のネット監視警察(Getty Images)

北京五輪: 外国人宿泊客のインターネット利用、監視される可能性=米議員

 【大紀元日本8月2日】北京五輪期間中、外国人観光客が宿泊するすべてのホテルに、インターネット監視装置が設置されると米国の上院議員が先月、明らかにした。

 カンザス州の共和党サム・ブラウンバック(Sam Brownback)上院議員が某ホテルから入手した内部通知書によると、記者、選手の家族を含む全てのオリンピックに参加する人が「侵略的な情報収集の対象」であり、中国公安局がホテル宿泊客のネットを監視するという。同書類には、7月末までにインターネット接続を監視するスパイウェアとプログラムの設置を命じており、もし当局の指示に従わないホテルは、「個人には5千元(約8万円)、組織には1.5万元(約24万円)の罰金。悪質な場合には、該当ホテルのインターネット接続の権限を剥奪、あるいは営業許可の取り消し」と明記されていたという。

 ブラウンバック議員は、ネット監視の方針を撤回するよう中国へ強く呼びかけているが、北京のホテルは既に宿泊客に対し、「ウェブサイト利用上のプライバシーは、保証されない」と警告しているという。

 現在のところ、この件について、中国駐米国大使館からのコメントはない。

 ブラウンバック議員は、中国の人権問題に批判的で、これまでにも、ブッシュ大統領に対して北京五輪開会式をボイコットするよう主張してきた。

 (翻訳・叶子/編集・田中)

 (08/08/02 12:05)  





■関連文章
  • 北京、海外報道関係者を制御開始=仏メディア(08/08/02)
  • 五輪目前、北京市周辺の省市で大停電開始(08/08/02)
  • 来日予定の中国民主活動家、香港で入国拒否される(08/08/02)
  • IOCが中国当局に妥協=ネット封鎖解除ならず(08/08/01)
  • 北京五輪、市内は公衆トイレ不足(08/08/01)
  • 新唐人衛星放送の再開交渉:仏元政府長官、仏大統領へ呼びかけ(08/07/31)
  • 広州市公安当局、10万人を動員して外国人を検問(08/07/31)
  • 北京五輪:金メダルに隠された莫大なコスト(08/07/31)
  • 8月3日【大紀元セミナー】チベット弾圧、四川大地震、北京五輪…中国はどこに行くのか?(08/07/30)
  • 北京:大気汚染改善ならず、選手団防塵マスク大量持参(08/07/30)
  • 中国国内で爆破テロ予告相次ぐ(08/07/30)
  • 北京の外来民工、五輪前に整理(08/07/29)
  • 北京五輪トーチリレー、史上最多の火が消えた記録(08/07/29)
  • 五輪トーチ到着前夜、大火災発生=中国河北省(08/07/29)
  • 昆明市バス爆破事件でテロ声明、ねつ造の可能性=欧州ウイグル団体(08/07/29)