印刷版   

8月8日夜7時、北京五輪開幕式の1時間前に、米国「スチューデント・フォー・ア・フリー・チベット(SFAFT)」メンバーのジョナサン・ストリブリン・ユスさん(右端)、カラヤン・メンドザさん(中)、セサー・マクシットさん(左)は、メーン・スタジアム「鳥の巣」付近でチベットの旗を掲げて抗議した。3人は直ちに警察官らに取り押さえられ、強制送還された。ニューヨークのケネディ国際空港に到着し、多くのメディアの取材を受けた(提供・SFFT)

強制送還された抗議者3人、ニューヨークに戻る

 【大紀元日本8月10日】北京五輪開会式1時間前に、メーン・スタジアム「鳥の巣」付近でチベットの旗を掲げて抗議した米国「スチューデント・フォー・ア・フリー・チベット(SFAFT)」メンバー3人が8月9日午後3時、中国当局により強制送還され、ニューヨークのケネディ国際空港に到着、支持者らに迎えられ、多くのメディアの関心を集めた。

 情報筋によると、海外中国語メディアの間で、SFAFTは「もっとも勇猛な五輪抗議団体」だとされている。本部をニューヨークに置く非営利人権団体で、メンバーの90%が欧米の有名大学の西洋人学生または卒業生で、多くは高度な科学技術の専門家だという。

 メンバーたちは、インターネット、報道メディアおよび法律に精通していて、自分たちの活動を大々的に広報することを得意とする。

 8月8日午後7時ごろ、ジョナサン・ストリブリン・ユスさん(27)、カラヤン・メンドザさん(29)、セサー・マクシットさん(32)は、メーン・スタジアム「鳥の巣」付近でチベットの旗を掲げて抗議した。3人は直ちに警察官らに取り押さえられた。

 抗議者3人のうちの1人、ニューヨーク出身で現在カリフォルニア州バークリ市に住むユスさんは、本紙記者に対して、今回の抗議方式を採った理由は、中国共産党(中共)のチベットに対する非人道的迫害および虐殺を世界中のすべての人々に認識してもらうためだと語った。ユスさんは、「中共の人権侵害の罪は本当におぞましい。とても悲しいことだ。中共は五輪を利用して後ろめたいことを覆い隠そうとしている。「犯罪は隠すことができない」ことを告げるために中共への抗議活動をしていると強調した。

 警察官に取り押さえられてから3人とも警察らに手荒く扱われた。「床に強く押し倒され、顔は地面に強く押さえつけられ、両手は背中に荒く曲げられた。一切反抗していないのに、警官らにここまで野蛮に扱われた」とユスさんは語った。

 ユスさんは、五輪開催期間中、SFAFTが世界各地であらゆる抗議活動を計画していることを明らかにした。

 07年SFAFTメンバーは中国の万里の長城で「同じ世界、同じ夢、フリー:チベット」の巨大な横断幕を掲げた。中国政府はこの活動に参加した7人のメンバーを拘束したが、36時間後、米・英・カナダの外交圧力に応じ、中国当局はやむなく学生たちを釈放したという。

 
(記者・文怡、翻訳/編集・余靜)


 (08/08/10 20:53)  





■関連文章
  • 特別インタビュー:米元五輪金メダリスト、中国当局のビザ取り消しについて語る(08/08/10)
  • 北京五輪:参加国、民主を犠牲にした=米紙(08/08/10)
  • 北京五輪開会式:晴天確保に「人工消雨」ロケット弾、千発打ち上げ(08/08/10)
  • 自ら災いを招く恐怖の北京五輪(08/08/10)
  • 北京は厳重警備された強制収容所=インド紙社説(08/08/10)
  • 五輪開会式1時間前、「鳥の巣」付近でチベット旗で抗議(08/08/10)
  • 五輪開幕式:蒸し風呂の「鳥の巣」、570人熱中症(08/08/09)
  • 北京五輪開会式中、北京首都空港は5時間閉鎖(08/08/09)
  • 北京五輪:観光名所で米国人旅行者が襲われる、1人死亡・2人重症(08/08/09)
  • 8・8 都内で北京五輪反対集会(08/08/09)
  • 北京五輪開幕、世界各地で抗議活動(08/08/09)
  • トルキスタン・イスラム党の録画映像、北京五輪襲撃などを予告(08/08/08)
  • 「北京2008 我々の悪夢」=米牧師、北京ホテルの壁にペンキで抗議(08/08/08)
  • 五輪開催前、バス爆発事件連続発生=北京(08/08/08)
  • 「鳥の巣」での開幕式、雨の中で進行か(08/08/08)