印刷版   

ゲルマンの魂「自動演奏楽器」

 【大紀元日本8月3日】1800年代後半から1900年代前半にかけて、ゲルマン魂の結晶ともいえる「自動演奏楽器」(※)がドイツ語圏を中心に盛んに生産され、黄金時代を迎えた。それは、バッハやモーツァルトなどのクラシック音楽をスプリングモーターや手回しで再生するもので、王侯貴族の贅沢品として趣味の享楽だけでなく治療にも使われていたという。

 生産の本場であったドイツ国内のものは、第二次世界大戦の戦火で大部分が焼失したものの、戦前に米国のコレクターによって拾得されたものが、米国のミュージアムや富豪の元に現在も残存している。

 その修復技術も困難を極め、現在では熟練者は世界でも十指に足りない状況だ。そんな一人が日本国内にいる。「河口湖オルゴールの森」学芸部長の磯貝憲男さん(68)がそうだ。磯貝さんは、学習院大学を卒業後、パンナムに就職、家業を継ぐのを境に世界旅行をして自動演奏楽器の素晴らしさに触れたという。 

 
「河口湖オルゴールの森」学芸部長の磯貝憲男さん(撮影=大紀元)

磯貝さんによると、「音楽が人を癒す」のだという。欧州では、19世紀まで音楽が医療の中心であった。モーツァルトは、「私はただ天空が奏でる詩歌を書き写しているだけ」と言っている。

 哲人ピタゴラスから、ガリレオ、モーツァルト、バッハを経て、19世紀の半ばには12音を平均に割り振る調律法が定着した。その時から医学が音楽を切り捨て、世界は物質的な流れへと傾向した。

 皮肉にも、この後から自動演奏楽器の黄金時代を迎えることとなり、「この自動演奏楽器の奏でる音楽には、シンセサイザーなどの電気音楽とは違った癒しの効果があることが最近分かってきた」と磯貝さんは言う。

 現在、これらの自動演奏楽器は欧米富裕層の究極の贅沢品として、日本円で換算しても億単位の「お値打ち品」があるというが、磯貝さんは「いずれ河口湖だけでなく、都心の交通の便のいいところで自動演奏楽器の聞けるサロンを作りたい」と夢を語っている。

(記者=倍貝)


(※)自動演奏楽器について、詳しくはこちら(河口湖オルゴールの森HP)をご覧ください。

 (08/08/03 12:45)  





■関連文章
  • 米放送管理局が転向、対中国唯一「情報・自由の窓」閉鎖の危機(08/07/31)
  • 欧州理事会副委員長、新唐人テレビ中国放送の再開を要求(08/07/17)
  • 欧州議会決議案、中国人権問題を非難(08/07/12)
  • 「レンタルパンダ反対」の市民団体、上野動物園前で署名活動(08/06/16)
  • 欧州連合、中国製品安全問題の改善を促す(08/06/13)
  • 北京五輪前に、キリスト教取締が一層強化=国際支援団体(08/06/13)
  • 米NYフラッシング事件の中国当局の挑発目的を見極めよ=欧州委員会副委員長(08/06/05)
  • 【神韻芸術】欧州巡回公演、満場の拍手で閉幕(08/04/20)
  • 欧州、中国への警戒感強まる(08/04/16)
  • 国連:欧州1億人の安全な飲用水が不足(08/03/19)
  • 【なぜなに中国語】(2):日本でもポピュラーな西洋楽器(08/01/26)
  • 欧州議会公聴会、中共当局の人権侵害に焦点(07/12/03)
  • 人権聖火週間:世界28都市でイベント、香港でデモと集会(07/10/29)
  • 人権聖火リレー:ロンドンに到着、欧州議会副議長ら政界要人支援(07/10/28)
  • 欧州議会:中国の人権と信教の自由に関する共同記者会見(07/10/15)