THE EPOCH TIMES

「ほほえむ」トンボ=英国

2008年09月22日 09時38分
 【大紀元日本9月22日】このほど、英国に本部を置く非営利団体「世界トンボ協会(WDA)」が、ロッククライミング愛好家の撮影した「ほほ笑む」雌のルリボシヤンマ属のトンボの写真を公開した。一見、合成写真ではないのかと思われるこの写真は、専門家によってはっきりと本物ということが証明されている。

 英国「デイリーテレグラフ」に載せられたこのトンボは、頭部と口部分が顔のように見え、止まっている姿を見るととても楽しそうな様子でにっこりとほほ笑んでいる。

 写真を撮影したロッククライミング愛好家のマンダースさんは英国ダービーシェア郡ウェールズ西北部最高峰スノードン山で岩を登っていた時、偶然この「ほほ笑む」トンボを見つけたという。

 34歳のマンダースさんの話では、このトンボはとても大きく、普通ではないと感じ産卵しているのかと思ったそうだ。その後彼は急いで携帯電話を取り出し、10cmも離れていない位置で撮影したという。そのため画像は非常に鮮明だ。

 「実は、この写真をもっとよく見るとトンボの目には私が撮影に使用した携帯が写っているんですよ」と彼は話している。

「この顔はクマに似ている」とマンダースさんは話す(Photo:Mark Manders)

(翻訳・市村)

関連キーワード
^