THE EPOCH TIMES

中国製ミルクキャンディ、有毒物質検出=シンガポール

2008年09月25日 06時35分
 【大紀元日本9月25日】中国国内の有毒粉ミルク問題に新たな展開、シンガポールが中国から輸入したミルクキャンディからも有毒物質メラミンを検出した。

 同国のメディアによると、9月21日、シンガポールの農産品と獣医局が最新の検査結果を公表、中国から輸入した「大白兎ミルクキャンディ」からもメラミンを検出したという。この銘柄は同国で古くから販売されている。

 これまでに、シンガポールに輸入された中国の乳製品のうち、3品目からメラミンを検出した。ほかの2品は、「伊利・精選アイスクリーム」と「子母淡乳・イチゴ味ミルク」。

 これを受け、同国の農産品と獣医局は9月19日、安全検査が合格するまで、中国製粉ミルク、牛乳、乳製品の輸入を禁止すると決定、中国からの乳製品を原料とするすべての食品の回収を通告した。

 
(翻訳編集・叶子)



関連キーワード

関連特集

^