印刷版   

家具バザール会場(大紀元)

幕張メッセ 秋季家具大バザール開幕

 【大紀元日本9月14日】千葉・幕張メッセ国際展示場1番ホールで9月13日、恒例の「家具・インテリア・敷物・寝具 幕張メッセ大バザール」が開幕した。

 この催しは、家具イベントとしては日本最大級のものであり、広大な展示会場いっぱいに、国内から海外の各メーカーによる新作を含む厳選された家具が豊富に展示・販売されている。また、キズものハンパものを格安で売るアウトレットコーナーも大人気で、開催期間中はこちらも続々と入荷されるという。

 イベントの主催者である株式会社かねたや家具店の専務取締役・四谷壮文さんは次のように述べた。

 「毎年1月、3月、6月、9月、12月の5回は必ず開催しています。今回も国内・海外各メーカーから人気の家具を多数ご用意しています。ブランドものも特価でご提供しておりますので、これから世界に向けて多くのお客様に知っていただきたいですね」

 今回の開催期間は、9月13日から15日まで、時間は午前10時~午後8時(15日は午後7時まで)。

 入場には事前の招待状が必要であるが、ない場合は「大紀元時報の読者です」と受付に告げれば入場できる。次回の同イベントは、12月12日~14日に開催される予定。
日本の伝統家具も人気
どれが一番勉強できるかな? 学習机のコーナー
寝心地まさに夢心地! 高級ベッドも多数展示


 
(記者・牧)


 (08/09/14 06:49)  





■関連文章
  • 千葉・幕張:日韓移植フォーラム、海外渡航移植をテーマに(06/09/13)
  • マイクロソフト、新メッセンジャーサービス提供開始へ(06/06/20)