印刷版   

英国議員、北京五輪参加選手を非難

 【大紀元日本9月7日】チベット人や法輪功学習者、キリスト教徒が北京五輪メインスタジアム「鳥の巣」から数マイルしか離れていない強制労働収容所で中国共産党からの迫害を受けているのに、その事実を無視して北京五輪に参加したとして、英国議会のブライアン・コールマン議員はこのほど、英国選手らを非難した。一方、ロンドン市長の北京五輪参加については、次期五輪開催地であることから、参加は避けられないと理解を示した。

 地元メディアによると、コールマン議員は、「英選手たちは今回より多くのメダルを獲得したかもしれない。しかし、彼らはチベット人、法輪功学習者およびキリスト教徒たちが迫害を受け、流した血は自分たちの手も染めたことを覚えておかなければならない」と指摘した。さらに、「ヒーローまたは模範的な人物を探しているなら、これら良心を忘れた選手たちを除外しなさい」と付け加えた。

 これに対して、北京五輪に参加した一部の英選手が反論した。今回の北京五輪でメダル獲得できなかったサイモン・ウイリアムソン選手は、政治家は五輪がスポーツ選手にとっての重要性を認識すべきだと抗議し、「私は五輪のために何年も費やして練習し続けてきた。そういうことで試合参加を放棄するわけにはいなかい」と主張した。

 ロンドンは現在、大々的に五輪精神および優秀な成績を獲得した選手たちの話題で盛り上がっている、コルマン議員を今年のロンドン消防及び緊急企画局局長に任命したボリス・ジョンソン市長も声明文を出さざるを得なかった。市長はコールマン議員に対し、北京五輪についての考えや意見は自由に表現することはいいが、ロンドン市は次期開催地でもあることから市長の北京行きは避けられないものと弁明した。

 コールマン議員は昨年、中共に対して、北京五輪開催する前に法輪功学習者への迫害停止を呼びかける世界的運動である「グローバル人権聖火リレー」で、人権聖火がロンドン入りしたときの式典に参加し、「多くの市民を強制労働収容所に入れ迫害を加え、多くの人の臓器を摘出し売買し、その上、人々に信仰の自由を与えない都市で五輪を開催するとは、とても受け入れがたいことだ。ロンドンが2012年に五輪を開催するときに、われわれは必ず、中国に開放かつ寛容な五輪を見せる」とロンドンの街頭の人々に対してイベントの主旨に関心を寄せるよう呼びかけた。

 コールマン議員は当時、「私はロンドン市長に北京五輪に参加しないように提案した。また、すべて無料で招待された政治要人たちにも北京行きのチケットを返却するように呼びかけた。中国が民主、自由な社会になったときに初めて中国を訪問するべきだ」と呼びかけた。

 コールマン議員は、英選手団が帰国して1週間後に選手たちに対して非難した。

 
(記者・顧佳韵、翻訳/編集・余靜)


 (08/09/07 10:18)  





■関連文章
  • 北京五輪期間中に「限定開花」、街路の花まで偽物(08/09/07)
  • 四川大地震から100日、未だにテント生活続く被災者(08/09/06)
  • 中国刑務所監禁の米国人、虐待の実体験語る(08/09/05)
  • 北朝鮮はなぜ「美女軍団」を北京五輪に送らなかったのか(08/09/04)
  • 何清漣:金メダル獲得数世界一で失ったもの(08/09/04)
  • 親中共記者処分、新華社が独メディアと法輪功を攻撃(08/09/03)
  • 「世界100万人署名キャンペーン」、近畿地方自治体へ結果報告・請願書提出(08/09/03)
  • 北京市内、環境汚染に住民が抗議デモ(08/09/01)
  • 中秋の名月に、帰らぬ父を思う(08/08/30)
  • 北京五輪、金メダル1個獲得に100億円!?=問われる中国の「挙国体制」(08/08/30)
  • 五輪報道禁止21項目、中国人真相を知る術がない=デンマーク紙(08/08/30)
  • 中国五輪メダル金51銀21銅28、四川地震発生日時と偶然一致(08/08/29)
  • 北京五輪:抗議申請で逮捕された老女ら、強制労働1年の刑(08/08/29)
  • 五輪閉会直前、カトリック教主教秘密逮捕(08/08/28)
  • もう一つの五輪金メダリスト:禁止された法輪功(08/08/28)