THE EPOCH TIMES

神韻芸術団: カナダ人映画プロデューサー、「中国舞踊と古典バレエは、違っていて面白い

2008年10月02日 00時00分
 【大紀元日本10月2日】カナダ・トロントのジョン・バセット劇場(John Bassett Theatre )で9月26日、神韻芸術団による三度目の中秋公演が行われた。トロント在住の映画プロデューサー、レイフ・ブリストウ氏(Leif Bristow)は公演を訪れ、中国古典舞踊の繊細な踊りに感動したとコメントした。

 
映画プロデューサーLeif Bristow氏「どの演目が一番良かったかは、選べないね。すべてが、パーフェクト」

ブリストウ氏が神韻芸術団の公演を観るのは今回で4度目。同氏は、出演アーティストの芸術表現力が絶えず進化していると述べ、「今回の舞台は、最も洗練されていたね。振り付けは、今年が最高。実に美しかった」とコメントした。

 娘が国立バレエスクールを卒業したばかりのブリストウ氏は、ダンスのテクニックについて「どのように物語を舞踊に融合させるのか、またコスチュームの違いなど、中国古典舞踊と、ヨーロッパのバレエを比べてみると、実に面白い。」と語った。

 また、同公演で使われていたバック・スクリーンについて、「舞台のメイン・ダンサーがバック・スクリーンに現れ、まるで上から降りてきて舞台に立ったかのように映り、また、ダンサーが空に上って行くというようにバック・スクリーンに映った。この演出は、非常に面白いね」と述べた。

 同公演の大ファンであるブリストウ氏の妻アグネスさん(Agnes)は「このショーのメッセージは全て、他の人を思いやり、人間の精神、愛、援助などを養うことね」と述べ、「とにかく、こんなに感動したことはないわ。本当に、“驚くべき”ショーだった」と絶賛した。

 ブリストウ氏は、神韻芸術団の振り付け指導をしているTia Zhang(張鉄鈞、ジャン・ティエジュン)氏の映画を作成する計画があるという。「Tiaは素晴らしい振付師で、そしてダンサーに対してとても厳しいんだ」

 神韻芸術団は、来年2月始めに来日し、東京、大阪、名古屋、広島で計6回の公演を行う予定だという。

(翻訳・叶子)

関連キーワード

関連特集

^