印刷版   

日本大手電子部品メーカー、中国で大規模なリストラ

 【大紀元日本10月28日】大手電子部品メーカーTDK株式会社は先日、これからの半年から一年の間、中国工場の従業員の三分の一、総数1万5千人をリストラすることを発表した。

 ラジオ自由アジア(RFA)の報道によると、中国広東省東莞市にある二つ生産基地に勤務する従業員が今回のリストラの対象となっている。従業員の賃金上昇がリストラの原因のようだ。従業員の賃金は工場設立当時より倍増したという。珠江デルタの大手電子部品メーカーがこれほど大規模なリストラを実施するのは珍しいと関係者は言う。

 電子事業を管轄する東莞市政府の関係者は、倒産する工場が続出し、一部の大手企業も維持が困難となった今、今回の大規模なリストラが連鎖を起こし、広東省全土に波及する恐れがあると懸念し、「しばらくすると、広東省の失業率は今の20~30%から30~40%まで上昇するだろう」と不安を口にしている。

 金融危機の影響を受け、中国国内の実態経済も下向き傾向をたどっている。特に珠江デルタ周辺の輸出がメインの企業は深刻な影響を受けているようだ。これについて、専門家は絶えずコストの安いところを探して拠点を変えているこれらの企業が長期的な経営計画を立てられないため、突然やってきた金融危機に足元をすくわれたと見ている。

 
(翻訳編集=高遠)


 (08/10/28 06:05)  





■関連文章
  • 世界金融危機による中国への影響(08/10/23)
  • 世界金融危機の直撃を免れたカナダ(08/10/19)
  • 米国金融危機、外資が中国不動産売却の動き(08/10/13)
  • 中国の都市部登録失業率、07年末時点は4.0%で横ばい(08/01/21)
  • 工場1000以上が倒産、危機に瀕する「世界の工場」=広東省珠江デルタ(07/12/16)
  • 工商銀行元行員ら大規模抗議、官民衝突で800人拘束=中国北京(07/06/27)
  • ドイツ経済、自力で成長している兆候=財務省(07/05/24)
  • 中国広東省:珠江デルタ地域、労働者不足深刻化(07/03/02)
  • 中国西安:糧食支局職員300人以上解雇、上層部汚職の疑い(07/02/21)
  • 程暁農:中国株式市場の暴騰、金融危機の可能性(07/02/20)
  • ドル/人民元7・75元台突破、金融・労働市場への影響を懸念(07/02/16)
  • 個人的には日本はデフレ状態にはないと考えている=尾身財務相(07/01/09)
  • 日本企業、ナシリヤでの油田開発に関心=イラク石油相(06/11/02)
  • 中国遼寧省:リストラ免れようと、小学校教員一斉に離婚(06/09/22)
  • 欧米流の敵対的買収、日本ではなじまず=山口日商会頭(06/09/08)