THE EPOCH TIMES

「十一国殤日」に迫害停止訴える

2008年10月02日 21時44分
 【大紀元日本10月2日】今から59年前の1949年10月1日、中国において「中華人民共和国」と称する、ソビエト連邦に次ぐ巨大な共産主義国家が建てられた。革命により旧社会を破壊して作ったその国は、自らを「新中国」と呼んで自画自賛した。

 しかしこの59年間、中国の実態はどうであったか。その国名とは正反対に「共和」は皆無であり、「人民」を大切にする態度は微塵も見られなかった。

 そればかりか、暴力による恐怖政治と、巧みなプロパガンダで人民を洗脳し、支配者である中国共産党にとって邪魔な者はことごとく抹殺するという、恐るべきモンスター国家となったのである。

 とりわけ1966年から始まった「文化大革命」によって、中国の伝統文化はことごとく破壊されてしまった。貴重な歴史遺産や文化財は打ち砕かれ、中華民族が数千年に渡って成熟させてきた精神文化はすべて「迷信」のレッテルを貼られて攻撃された。何の罪もない学者や知識人が、狂気のような批判闘争大会の生贄となって殴打され、虐殺され、あるいは発狂して自殺した。

 共産中国の建国以来その犠牲となった人は、大飢饉による餓死も含めて、8000万人とも言われている。

 このような祖国の惨状を知る海外在住の華人は、共産主義者に祖国を強奪された日として、この10月1日を、中共のいう「国慶節」ではなく、「十一国殤日」と呼んでいる。

 2008年10月1日午後6時から同9時まで、日本に在住する法輪功学習者約60名が東京・六本木の中国大使館前に集結。中共の迫害によって殺害された同胞へ追悼の祈りを捧げ、法輪功迫害を即時に停止するよう中国大使館の正門へ向かって横断幕を広げ、静かな抗議をおこなった。

 また、NPO法人日本脱党支援センターのメンバーも駆けつけて、代表者が中国大使館前で声明文を読み上げ、いまや中共からの脱党者が4300万人を超え、中共解体が世界の大潮流になっていることを告げるとともに、法輪功への迫害およびすべての人権迫害を直ちに停止することを強く求めた。







(記者・牧)


関連キーワード

関連特集

^