印刷版   

2009年、史上最高気温の更新可能=英研究報告

 【大紀元日本1月11日】英国の気象専門家は少し前に、2009年の全世界の平均気温がこれまでの最高記録の5位内にランクインすると発表した。

 英国エクセター市のハドレイ気候予測研究センター(Met Office Hadley Center for Climate Prediction Research)によると、2009年は2005年以降でもっとも暖かい年になるとし、その次の年の気温はさらに高くなり記録更新する可能性がさらに高くなるという。

 研究によると、ラニーニャ現象(東太平洋の赤道付近で海水の温度が低下する現象)は、広範囲にわたる太平洋地区の気温を下げ続けているが、2009年の世界的平均気温は長期にわたるこれまでの気温より0・4℃上回ると予測したという。

 現在、記録されている気温のもっとも高い年は1998年であり、1年間の平均気温は14・52℃で、1961年~1990年の29年間の長期平均気温14℃より高い。

 研究センターのクリス・フォラン教授は、「エルニーニョ現象(東太平洋の赤道付近で海水の温度が上昇する現象)が少しでも発展する動きがあれば、新しい温暖記録をもたらす可能性も出てくる。エルニーニョ現象とラニーニャ現象の両方は地球表面の温度変化に大きく影響を与える」と警告した。

 英イースト・アングリア大学気候研究所所長のフィル・ジョーンズ教授は、仮に2009年が2008年と同じように気温の記録更新がなくても、地球温暖化は止まることはない」と示し、「重要なのは、温暖化の速度だ」と強調した。

 
(翻訳編集・余靜)


 (09/01/11 20:10)  





■関連文章
  • NASA公開写真、2008年『地球カレンダー』(08/12/30)
  • 中国:厳しい寒波警報発令、緊急措置施す(08/12/05)
  • 農民環境保護活動家が温家宝総理を告訴、北京市裁判所受理せず(08/11/14)
  • 異常気象で狂い咲きする花たち(08/11/09)
  • 温暖化、5千年来最悪の気候変動(08/11/09)
  • 豪州IPCC顧問:地球温暖化改善に、カンガルー肉料理を推薦(08/10/05)
  • 42億8千万年前の最古の岩石発見(08/09/29)
  • 強力なハリケーン、地球温暖化が影響か(08/09/13)
  • 中国四川省M6・1地震、死者22人、負傷者100人以上(08/08/31)
  • 北極圏土壌内のCO2、温暖化を加速(08/08/30)
  • 地球温暖化:ヒマラヤ山脈水源、脅威に直面(08/08/25)
  • 新疆・土魯番(トルファン)、史上最高気温47・8度(08/08/23)
  • 五輪競技、雷雨で中止・中断多発(08/08/11)
  • 北京五輪、会期中例年よりも多雨高温(08/08/06)
  • 7月降雪の異常気象=中国浙江省(08/07/20)