THE EPOCH TIMES

大陸出身者「今は、神の存在を信じる」=神韻名古屋公演

2009年02月14日 23時13分
 【大紀元日本2月14日】中国から日本に留学し、現在名古屋に勤める呉勇軍さんは、13日、名古屋の愛知芸術劇場で行われた神韻国際芸術団公演を鑑賞し、次のように感想を語った。

 「本当に感動した。こんな舞台はこれまで観たことがない。去年来なかったのが残念だ。来年も必ずまた観に来る。どの演目も中国の伝統的なものが表現されており、とてもすばらしい。舞踊にしても歌にしても、どれも全て感動的だ。」

 中国で無神論の中で育った呉さんが日本へ来て最大の収穫は、神の存在を信じるようになったことであり、演目の一つ『花嫁を連れ去る済公和尚』のような話(山崩れから人々を救うために、ある家の嫁を奪い、それが結果的にその家の人々を避難させることになったという話)は十分ありうることだと思ったという。

 「日本に来てから大紀元や新唐人テレビを見るようになって、神の存在を信じるようになった。神を信じれば貪欲さをコントロールすることができ、魂と道徳も浄化される。」

 呉さんは、いくつかの演目は似たものを中国でも観たことがあるが、感じがまったく違うという。

 「チベットの舞踊やモンゴルの箸の舞はとても印象深い。イ族の舞は中国でも観たことがあるが、今日の舞台みたいにピュアーではなかった。演技が醸し出す雰囲気から、ダンサーたちがずいぶんと心の修養をしているように思われる。」

 呉さんは、ムーランの舞踊もとても印象的だったという。

 「この演目は多くの中国人を感化できると思う。中国では、共産党が統治したこの60年間に、『孝行』という考え方がどんどんなくなっていったように思う。このような演目を観れば、誰もがきっと感動するはずだ。自分自身、この点はよくできていなかった。両親から離れて一人で暮らす今、本当に両親にすまないと思う。」

 呉さんは最後に、「神韻芸術団の公演が中国でも観ることができるようになれば、どんなにいいことか」と切実に語った。

※名古屋公演に続いて、15日に広島、18日に大阪で公演が予定されている。詳しくは日本公演公式HPをご覧ください。

(日本語版報道部)

関連キーワード

関連特集

^