THE EPOCH TIMES

神韻広島公演:岡崎・呉市議「神韻の美は、内面の美」

2009年02月16日 02時10分
 【大紀元日本2月16日】神韻広島公演がおこなわれた15日、夜の部の前半を終えた休憩中に、呉市議員・岡崎源太朗氏に感想を聞いた。

 「なんとこんなに美しいものがあるのか、と思いました。スクリーンが美しい。衣装が美しい。動作が美しい。幕が上がった瞬間に思わず、あっと声を上げてしまいました。あまりの美しさに感動して涙がでました。おそらく踊り手の内面が美しいから、それが外に表れるのだと思います」

 特に印象に残った演目は何かという質問に、岡崎氏は次のように答えた。

 「ファールンゴン(法輪功)への迫害を描いた演目は、迫害によって亡くなった人が最後に仏様になって昇天していく物語ですが、感動して思わず泣いてしまいました。こんな電子文明が発達した時代に、中国で残酷な人権迫害がおこなわれていることは本当に考えられないことですし、残念です。また、この神韻のようなすぐれた文化公演が、中国では開催できないことも、本当に残念なことです。このような本物の中国古典舞踊を見たのは初めてで、びっくりしています。舞踊の衣装もいろいろあって、中国の広さにも驚きました。独唱の歌にも感動しました。神に立ち返る、というような内容だったと思いますが、歌の響きにもすばらしい響きがあったと感じました。世界平和の中心都市・広島で、この神韻を開催してくれたことに感謝いたします」

 岡崎氏はインタビューの最後に、「もちろん来年の神韻広島公演には知人を連れてまた来ます」というコメントを付け加えた。

※神韻芸術団は広島公演に続いて、18日に大阪で公演を行う。詳しくは日本公演公式HPをご覧ください。

(記者・牧)


関連キーワード

関連特集

^