印刷版   

軍人を襲撃し武器弾薬を略奪する事件は極めて稀であることから、中国共産党(中共)当局は民衆が暴動を引き起こす前兆と警戒し、緊急対策を講じた。新華ネットはすでに関連サイト内容を削除した

中国四川省で軍人銃撃される、当局捜査員1万人動員

 【大紀元日本3月22日】中国四川省重慶市石橋鋪の八益建材市場内で3月19日午後7時、中国共産党(中共)解放軍某部17団歩哨所に当直していた兵士が銃殺される事件が起きた。兵士1人が死亡し、自動銃が略奪され、容疑者は逃走中。中国メディアによると、重慶当局はテロ事件として扱い、各種軍・警総力を挙げて重慶市公安史上最大の捜査を展開したという。直接関与した警察官は1万人を超え、退職した刑事も含め、ベテラン警察148人を動員したという。

 軍人を襲撃し武器弾薬を略奪する事件は極めて稀であり、中国メディアによると、中共当局は民衆が暴動を引き起こす前兆として警戒しているという。また、新華ネットは関連報道内容をすでに削除し、中国ネット警察は利用者がネット上で今回の関連情報の伝達を全面的に封鎖しているという。各ブログや掲示板など、ネット利用者の貼り付けも削除された。

 情報筋によると、武装軍人が襲撃された事件は重慶市では初めてであり、中国大陸ではチベット3・14流血弾圧事件1周年の敏感な時期に当たり、3月20日にインド・ダラムサラにあるチベット亡命政府は「中国共産党(中共)関連の警官や軍人がチベット族に振るった暴力行為」のビデオを公開したばかりであることから、重慶市内は緊張に包まれているという。一方、情報筋によると、中国共産党政府は海外メディアに対し、今回の襲撃事件の主謀者はチベット人の可能性があることを示唆し、さらなる謎めいた事件となった。

 *数千人の軍・警および装甲車を出動

 事件発生当日夜から翌20日まで、当局は数千人の軍・警および装甲車を出動し、全地区に対して戒厳に等しい交通規制を行い、各主要道路に機動隊を派遣し、車両を検問、特にタクシーの検問を重点に置いた。今のところ、容疑者らしき人物は見つかっていないという。

 20日早朝、重慶市の至る所に武装警察が配備されている。事件現場付近に立ち入り禁止のテープが張られているほか、警察車両および重慶市地方政府の関係車両が出入りしている。本来の歩哨所に武装した軍人7~8人が増員された。

 大名トイレタリー製造会社の張さんは、米国VOAの取材で、武装警察は八益建材市場を閉鎖し、出入りする車両が制限され、各店舗の営業は通常通りに行っているが、客が入って来ないから、経営に深刻な影響を及ぼしたことを示した。張さんによると、店の前に少しでも人が集まると、軍人と警察が現れ追い払うという。

 情報筋によると、現在公安は現場設置された防犯カメラの録画映像を調査し、市全地区を調査しているという。

 目撃者によると、解放軍某部17団歩哨所で銃撃された兵士が所持していた81-1半自動銃が現場に見つからず、犯人が奪ったとみられている。実弾30発が装着された自動銃は2発発砲したが、28発が残っているという。

 重慶市公安局の責任者によると、犯人は逃亡中で人数は不明。目撃した市民によると、同時に重傷を受けたもう1人の兵士がいたというが、この情報は重慶当は認めていない。

 
(翻訳編集・余靜)


 (09/03/22 12:40)  





■関連文章
  • チベット亡命政府、弾圧事件の映像を公表(09/03/21)
  • 四川省チベット族住居区、警察交番で爆発(09/03/19)
  • 軍人7万人がチベットに進駐、専門家は中共を非難(09/03/19)
  • チベット弾圧314事件1周年:チベット族政府職員が連行され、西蔵大学には武装警察が駐留(09/03/18)
  • チベット弾圧1周年、世界各地で抗議活動(09/03/17)
  • チベット暴政抵抗記念日:王千源、勇気が大事(09/03/16)
  • 世界遺産「九寨溝」立ち入り禁止、チベット情勢に関連か(09/03/15)
  • 米下院がチベット問題の決議案可決、「強烈な不満」の中国当局(09/03/14)
  • チベット地区に数万人を増兵、緊張高まるラサ(09/03/12)
  • ダライラマ、中共はチベットを人間煉獄に変えた(09/03/12)
  • チベット事件一周年前、2寺院の僧侶らを連行=青海省(09/03/12)
  • チベット爆発事件:国営新華社が速報、世論コントロール狙い(09/03/11)
  • 青海省チベット自治州:警察車両と消防車が爆発(09/03/10)
  • ダライ・ラマ14世:昨年のチベット暴動、中国警察の自作自演(09/03/09)
  • 中国新聞出版総署署長、インターネット長期制御を示す(09/03/09)