印刷版   

(AFP)

5種類のお茶で気軽にダイエット

 【大紀元日本4月14日】お茶を飲みながら脂肪を減らす―なんと手軽なダイエットでしょう。お茶は種類が豊富で様々な効用があります。

 お茶には食物繊維が多く含まれています。この食物繊維は消化されずに長時間おなかの中に留まっているので満腹感が得られます。さらに重要なこととして脂肪を燃焼させる作用が挙げられます。この作用のカギはビタミンB1で、お茶の中に豊富に含まれ、脂肪を十分に燃焼させ熱エネルギーで必要な物質に変えます。

 ①黒茶

 小腹に脂肪がたまるのを防ぎます。太ったと聞くとすぐにおなかの脂肪を想像しますが、黒茶は腹部の脂肪増加を抑制する効果があります。黒茶は黒曲菌を発酵させて作り、文字通り黒い色をしています。プーアル茶、六安茶などがこれに当たります。発酵過程でポリフェノール成分が作られ、この成分が脂肪の堆積を防ぐとされています。

 黒茶でダイエットしたければ、一番効果が高いのは淹れたての濃いものを飲むことです。この他に1日1・5リットルを食前食後に飲むことを長期的に維持することをお勧めします。

 黒茶は歴史が長く、主な生産地は湖南省、湖北省、四川省、雲南省、広西チワン族自治州など。淹れたお茶の色は深紅に近い。

 ②ギムネマ茶

 糖分の吸収を抑える働きがある。インド医学ではこのギムネマ茶が頻繁に出てきます。「シュガー・キラー」とも呼ばれ、この葉を噛んだ後、甘い物を食べると甘く感じないため自然と糖分摂取量が減ります。糖分と炭水化物の吸収量が下がり、脂肪に転化する量もこれに伴い減っていくのです。

 ギムネマ茶は肥満防止や改善に有効なだけではなく、糖尿病の補助治療の作用もあります。

 ③蓮の葉茶

 古代減肥の秘薬。蓮の花、葉や実で作った飲み物は爽やかな気分になるだけでなく、顔色が良くなり、ダイエットの作用もあります。

 蓮の葉を使ったダイエットにはちょっとしたコツがあります。最初に必ず濃く淹れること。2杯目に淹れたものは効果が低いからです。次に一日6回に分けて飲むこと。便秘の方は一日4包淹れ4回に分けて飲めばお通じがスムーズになりダイエットに有効です。3つ目に空腹時に飲むこと。蓮の葉茶ダイエットの良いところは食事制限の必要がなく、しばらくの間飲用を続けた後、食べ物の好みが自然と変わり、脂っこい物が好きでなくなるところです。

 ④杜仲茶

 中性脂肪を下げます。杜仲茶には新陳代謝とカロリー消費を促進する成分が含まれ、体重を落とす働きがあります。古くから不老長寿の強壮剤として珍重され、血行障害改善や関節痛改善の効能もあると言われています。

 ⑤ウーロン茶

 体内脂肪を燃焼させます。ウーロン茶は半発酵茶でビタミンCはほとんど含まれませんが鉄分、カルシウムなどのミネラルが豊富に含まれており、消化の促進や脂肪を分解する成分が含まれています。

 食前食後に1杯のウーロン茶を飲むことで脂肪分解が促進され、体に吸収されずに直接体外に排出させて脂肪摂取過多による肥満を防止します。

(翻訳編集・市村)


 (09/04/14 02:13)  





■関連文章
  • 【ハーブティーを楽しみましょう】(24):まとめ(09/02/17)
  • 1年で195キロ減量、NYダイエット・チャンピョン=米国(09/01/06)
  • 【ハーブティーを楽しみましょう】(21):タイム(08/12/30)
  • 【ハーブティーを楽しみましょう】(20):クローブ(08/12/16)
  • 【ハーブティーを楽しみましょう】(14):マリアあざみ(08/09/13)
  • 【ハーブティーを楽しみましょう】(12):ローズマリー(08/08/17)
  • 【ハーブティーを楽しみましょう】(11):西洋サンザシ(08/08/02)
  • 【ハーブティーを楽しみましょう】(8):ペパーミント(08/06/16)
  • ダイエットに良いプーアル茶(08/06/09)
  • モザンビーク:肥満の警察官、走れなくなり強制ダイエット(08/05/21)
  • 【ハーブティーを楽しみましょう】(3):メリッサ(08/04/02)
  • 【ハーブティーを楽しみましょう】(2):ローズヒップ(08/03/15)
  • ダイエット中の人、他人の食べ物にも注意が必要=調査(08/02/20)
  • オートミール・ダイエット、2か月で6kg減量に成功=台湾(08/01/17)
  • ダイエットにおすすめの野菜(07/11/21)