印刷版   


東京猿江恩賜公園の桜―午後の散歩通り

 【大紀元日本4月12日】四月も第一週目を終えた日、東京江東区の猿江恩賜公園で散歩を楽しんだ。平日の午後であったことから、週末のような騒がしさはなく、小さな子ども連れの母親や夫婦などが、のんびりと桜を楽しんでいた。春のそよ風が吹くたびに、空に舞い上がるさくら吹雪。葉桜になりかけたピンクと緑の彩りは、桜の新たな顔をのぞかせている。桜トンネルで散歩やジョギングを楽しむ人々は、ゆったりと流れる時間に身を任せていた。
(撮影・趙莫迦)

 (09/04/12 12:52)