印刷版   

中国汚職役人:逃亡先は米、カナダ、豪州に集中

 【大紀元日本5月11日】中国反貪局と公安部がこのほど米国に対し提供した中国汚職役人海外逃亡者リストによると、千人以上の逃亡者の名前が連ねられ、多くが米国、カナダ、豪州の三カ国に集中している。この他、中米および太平洋の島国も中国汚職役人の隠れ場所となっているという。

 前中国銀行支店長・許超凡、許国俊および彼らの妻は先日、米国ラスベガス連邦裁判所にマネー・ロンダリングなど多くの罪名で告訴され、刑期が8年から25年の判決を言い渡された。

 中国共産党「人民日報」のお膝元「環球時報」は、これは中国と第三世界の圧力において米国裁判所が米国に逃亡した中国の汚職役人に下した初めての厳しい判決であり、中国から海外へ逃亡した汚職役人が海外で判決を受けた初めての例であると伝えている。

 いったいどれほど多くの汚職役人が海外へ逃亡しているのか。新華社2001年の報道では、中国では4千人を超す汚職、賄賂の容疑者が50億元以上もの公金を持ち出し国外へ逃亡しているが、その多くは政府役人であるという。

 許超凡、許国俊は昨年8月に米国で罪状を言い渡された際、米カリフォルニア州警察は中国反貪局と公安部が米国サイドに1千人以上が氏名を連ねる“中国汚職役人海外逃亡リスト”を提供したと伝えた。

 このように逃亡した役人が身を隠す国は米、カナダ、豪州および中米、太平洋の島国のほか、一部の役人は生活コストの安いタイ、ミャンマー、マレーシア、モンゴルなど中国周辺国家を好み、さらにはアフリカ、南米や東欧国家などに隠れるチャンスをうかがい“安全な場所”へ移っていくという。

 
(翻訳・坂本)


 (09/05/11 07:26)  





■関連文章
  • 四川大地震から1年、依然報道規制=連行された英紙記者明かす(09/05/10)
  • 新型インフル:米国人初の死者、30代女性=米テキサス州(09/05/06)
  • 米上院議員、北京に高智晟氏の釈放を呼びかけ(09/04/27)
  • 平均寿命81・28歳、老齢化進む上海(09/04/26)
  • 北朝鮮、米国籍女性記者を裁判に(09/04/24)
  • 絶妙な自然の雪景色―雪巻き(09/04/23)
  • 広東省:行政府高層幹部2人身柄拘束される(09/04/22)
  • 中国人権問題言及すれども、貿易関係に影響せず=カナダ国際貿易相(09/04/19)
  • カナダ研究チーム、無害ウイルスのガン治療効果を発見(09/04/19)
  • 欧州議会、法輪功弾圧問題に関する公聴会開く(09/04/17)
  • 直前中止のASEAN首脳会議、各国記者らがその豪華料理を堪能(09/04/16)
  • モンゴル三千年の遊牧生活:中国当局、わずか十数年で破壊=大紀元時報講演会(上)(09/04/12)
  • 企業幹部の汚職を訴え、従業員1000人が集団陳情=河北省(09/04/10)
  • カナダ:訪中の貿易大臣に、法輪功弾圧問題を陳情(09/04/10)
  • 大規模食品汚染=米国加工業者ピスタチオ100万ポンドを自主回収(09/04/05)