THE EPOCH TIMES

わりさや憂羅三十三周年記念舞踊公演

2009年05月01日 00時34分
花舞によせて
踊りはじめて今年で三十三周年――
今日まで踊りつづけてこられたことは私じしん、
ひとつの奇跡のような気がしています。
ふりかえれば私のそばにはいつも花がありました。
つらいとき、苦しい時花の存在に何度
心すくわれたことでしょう。
花はいのち。花は愛。花は祈り・・・。
誰にも見られなくでも一心に咲く野の花
その明るさと優しさに寄り添える踊りをしたい
今、そう願っています。
感謝の気持ちを込めて



割鞘憂羅(わりさやうら)プロフィール
早稲田小劇場研究生を経て、ホセ・ミゲルの公開レッスンをきっかけに1976年よりフラメンコを始める。本間三郎氏に学び、故エンリケ・エル・コッホに深い影響を受ける。
79年東京新聞フラメンココンクール入賞。83年のリサイタルを皮切りに、中村文昭作品「血の風」「アダ物語」「日本の百合」「オルフェの女」を次々に上演。代表作「ある闘牛士の死」「鳥の歌」「青いけし」「夢のあと」は内外から高い評価を得、上演回数を重ねている。東京を中心に日本全国で数多くの舞台、コンサート、ディナーショーなどで「愛」をテーマに憂羅の世界を展開。96、97、98年ニューヨーク公演。99年ギリシャ・レフカダ市より招待され公演。2003年ソウル、テジュン、2004年メルボルンでライブ。2007年中国許昌市の大学に呼ばれ公演。いずれの公演も大好評を博した。また独自のフラメンコメソッドに基づき、東京・宇都宮・郡山で後進の指導にあたっている。

踊り       わりさや憂羅
ギター      東権正男  三澤勝弘
カンテ      遠藤あや子
パルマ      高関デラ

●時間:6月12日(金曜日) 7:30pm開演
   (7:00pm開場/9:00pm終了予定/途中休憩あり)
    6月13日(土曜日) 3:30pm開演
   (2:30pm開場/4:30pm終了予定/途中休憩あり)

●場所:俳優座劇場 (東京都港区六本木4-9-2  tel:03-3470-2880)
●交通:東京メトロ日比谷線/都営大江戸線 六本木駅 6番出口すぐ

●チケット (全席指定・各日限定300席)
前売  一般 8,000円  学生5,000円
当日  一般 9,000円  学生6,000円

●ご予約・お問い合わせ
◎TEL・FAX
アトリエURA tel&fax: 03-3203-5296
(株)リム企画 tel:03-5680-6221  fax:03-5680-6222
◎メール
TERA小屋 terakoya-tera@ace.ocn.ne.jp
(株)リム企画 rim-kekaku@nifty.com
◎アトリエURAホームページ
http://www.k2.dion.ne.jp/~ura49427/
http://www.geocities.jp/twin9671/index.html

チケット代金振込み先
 銀行振込  東京三菱UFJ銀行 代々木上原支店
       普通1685423   アトリエURA
 郵便振込  00180-9-69410  アトリエURA




^