印刷版   


【今週の映像】人間の頭上の不思議な光柱

 【大紀元日本5月17日】上の写真は、台湾南部の墾丁埔頂大草原で5月9日撮影した映像からカットした画像。黄色と白い服を着ている人々は、台湾の法輪功学習者。一見ごく普通の画像だが、ある不思議な現象が画像の中に隠されている。

 これは、画像の中に映っているピンク色の縦線。空から射した陽光か、あるいは、カメラの劣化によるものに見えるが、実はそうではないと映像を撮影した成さんがいう。 

 5月9日、台湾各地から法輪功学習者約6千人が、世界法輪大法記念日(5月13日)を祝うために、墾丁埔頂大草原に集まり、黄色や白色の帽子や服を着て、法輪功の学習を指導する本「転法輪」の絵を地上に描くイベントに参加した。
六千人の台湾法輪功学習者が形作った地上絵の「転法輪」=5月9日/南台湾墾丁埔頂大草原で(大紀元、撮影・呉柏樺)


 高雄在住の成さんも、当日の活動に参加した。中山大学を卒業したばかりで、約1年ほど法輪功を修煉した。地上絵に参加したあと、記念のために持ってきたビデオカメラで撮影した。

 帰宅後、約1分24秒の映像を見たところ、現場にいる人々の頭の上にそれぞれ光の柱がはっきりと映っている。人が移動すると、柱も影のように一緒に移動している。成さんが、カメラが故障したのではないかと思い、当日撮影をしていた別の学習者に電話をかけて確認したところ、その人が撮った映像も同じ現象が映っていると聞いた。 映像の中の柱は、「転法輪」の本に書かれている、修煉を重ねることにより形成される「功の柱」であることがわかったという。

 
http://www.youmaker.com/

 成さんによると、過去約7年間、鬱病に苦しまされたが、法輪功をはじめてから2週間、鬱の症候が消えたため、法輪功の奇妙を体験出来た。今回の映像でさらに、「転法輪」の本に書かれている、別空間に実在する不思議の「功の柱」の現象を眼で確認できて、とってもびっくりしたという。

 宜蘭(イーラン)からの王さんも、当日に撮った映像に同じく柱が映っているという。5月9日、地上絵に参加する前に、記念のためデジタルカメラで約10数秒で撮影した。帰宅の途中、カメラをチェックしたら、画像に人々の頭から光の柱が映っているという。

 王さんが撮った画像は、最初の場面に、光線が強くて特に何も映っていなかった。第5秒のところ、ある人がカメラの前を通った際、その人の頭の上に光の柱がはっきりと映っている。その後の画像で、人々が移動すると柱も移動している様子が見える。


http://www.youmaker.com/

 王さんによると、この現象は、「転法輪」の本の中に次のようにある。「一人の人間の次元の高さも功力の大きさもみな徳が生成したものです。師はあなたの徳を功に演化し、螺旋状に上へ延ばしてくれます。本当に人の次元の高さを決定する功は、身体の外で伸びるもので、ぐるぐると回って頭のてっぺんに上がってきてから、功柱を形作ります」。今回自らの目で見て、とても感動したという。
法輪功学習者の作品「浄蓮」。座禅中の少女の頭の上にある光の柱は、功柱(コウチュウ)と呼ばれ、つまり修煉のレベルの表れと言われている。


 台湾電力に務めている王さんは、2000年に、テレビで、法輪功は中国で迫害されている報道を見たきっかけで法輪功の勉強を始ったという。その前、ある法門で20年あまりも修練していたが、体の病は治ることができなかった。法輪功修煉してから短い期間で、強くエネルギーの流れを感じられ、あらゆる病気も消えたという。

 法輪功は、心身を養う中国伝統の修煉法で、1992年、李洪志氏により東北部の長春市から世に伝え出された。真・善・忍を宇宙の特性と見なし、それを日々の生活の中に実践し心性の向上を目指す精神性と、五式の煉功動作で体の健康を維持する物質性の両方を重視する修煉方法。現在世界114ヵ国で一億以上の愛好者がいるが、発祥地の中国では現在、共産党体制に容認されず修煉する者が迫害を受けている。

 

(翻訳編集・肖 シンリ)


 (09/05/17 00:37)  





■関連文章
  • ジャッキー・チェン氏失言、奴隷根性と非難殺到(09/04/23)
  • 欧州議会、法輪功弾圧問題に関する公聴会開く(09/04/17)
  • 地震デマで数十万人が街頭で野宿=湖南省(09/02/14)
  • 千メートル千人の路地裏忘年会=中国四川省(09/01/27)
  • <改革・開放30周年>元国家主席ブレーンが語る中国・改革の終焉(08/12/22)
  • 台湾観光イメージキャラクター、「飛輪海」来日記者会見(08/12/13)
  • 【中国伝統文化】司馬光と「徳」(08/11/16)
  • 北朝鮮、中国大陸からの観光ルートを制限(08/11/14)
  • 経済報道を制御、取材先指定=北京当局(08/10/31)
  • 上空にUFO出現、3時間停留=中国四川省重慶(08/09/06)
  • 【中国伝統文化】虚栄心を無くすことが大切(08/08/24)
  • チベットを訪ねる旅行者、前年同期比70%激減(08/08/18)
  • 訪中した米議員、「北京五輪が大規模な弾圧を招く」(08/07/03)
  • 米政府、中国人権派弁護士らに民主賞授与(08/06/30)
  • 中国当局、台湾に真相伝え活動の禁止を要求(08/06/29)