印刷版   

イベントのポスター

厳寒のシドニー:会社経営者など200人がホームレスを実体験

 【大紀元日本6月17日】オーストラリアのCEO(最高経営責任者)や会社経営者ら200人以上が明日、真冬の寒さ厳しいシドニーで野宿し、ホームレスの生活を実体験し、失業者やホームレスなどのために基金を募る。

 このイベントは、国際的慈善事業団体「サン・ヴァンサン・ドゥ・ポール・ソサイエティ(St Vincent de Paul Society)」が主催。4年前から毎年行われている。

 同協会のジョン・ピコット会長は、「これほど多くのビジネス・リーダーらが、他人の不遇を理解するために、寒さ厳しい夜を一晩でも過ごす覚悟ができている。この事実こそ、謙虚さの表れである。社会的に地位のある人々が、恵まれない人々に手をさしのべている。だれにでもできるものではない。昨年の参加者は、大きく認識を変えた一夜になったという。

 この寒さと孤独を感じれば、私たちの社会にいるホームレスの人々に必ず注意を向けるだろう。地下鉄から、建物の出入口、公園など、シドニー全市で野宿する人々が現れるだろう。ホームレスになるのは、知らぬ間に進んでいく問題であり、わたしたちの社会に存在してはならない問題だ」と話す。

 情報によると、主催者は今回の活動を通して25万豪ドルの募金を集める予定が、現時点までにすでに50万ドルに達しているという。

 参加者には、会計管理会社Tactical Solutions社の最高責任者フェオン氏や、メディア関係のFairfax Media社のマッカーシー社長、投資会社Dick Smith Investments社のスミス社長、NRMA社の最高責任者ストゥアート氏などが含まれている。彼らは現地時間16日の木曜日の夜に、他の参加者と一緒にLuna Parkで無料支給されるカップスープを飲んだ後、ダンボールのベッドで一夜を明かす。上記のフェオン氏はこれまでの4年間、毎年この活動に参加していたという。

 

 (記者・王仁、翻訳編集・叶子、佐藤)


 (09/06/17 11:26)  





■関連文章
  • 豪州資源を中共から守れ=オーストラリア富豪、ラッド政権に直言広告(09/06/08)
  • 神韻豪州公演、感動の中閉幕(09/05/24)
  • 豪州スミス外相、対中国ウラン輸出の極秘情報公開(09/05/16)
  • 中国汚職役人:逃亡先は米、カナダ、豪州に集中(09/05/11)
  • 豪州政府、保護申請の中国人に損害賠償支給か(09/03/18)
  • 豪州に厖大な中国工作員ネットワーク=元国家諜報員(08/12/05)
  • 豪州IPCC顧問:地球温暖化改善に、カンガルー肉料理を推薦(08/10/05)
  • 大和魂を探す①――日本の底力は麻生にあるのか(08/09/18)
  • カナダ人権弁護士、中国当局の臓器狩り実態を語る=メルボルン(08/08/10)
  • 強制送還の中国民主活動家、虐待に耐えられず自殺(08/06/18)
  • 豪州五輪陸上選手ら、大気汚染で開会式不参加表明(08/06/18)
  • 遺体で発見された行方不明の中学生、臓器窃取の疑い=中国広州(08/06/14)
  • 四川大地震:中国募金活動の裏事情(08/06/04)
  • 脱党支援者に相次ぐ暴力行為、背後に中国当局か=米ニューヨーク(08/05/22)
  • 生徒は見ていた、史上最も恥知らずな募金活動=中国広東省(08/05/19)