印刷版   

Conergy社ではソーラーパネルの世界的需要拡大に沿って、生産力を高めている。(Photo by Sean Gallup/Getty Images)

世界的な需要が期待される太陽電池=ドイツ

 【大紀元日本8月21日】フランクフルトで、ドイツのConergy社製造の太陽電池がパネル上に並べられる。06年度の連邦太陽光経済団体連合会(BSW)の発表によると、世界中に設置された太陽電池の25%はドイツ製。Conergy社ではソーラーパネルの世界的需要拡大に沿って、生産力を高めている。

 (09/08/21 00:10)  





■関連文章
  • 中国核工業業界トップの社長、不正容疑で身柄拘束(09/08/09)
  • 台湾澎湖:羊400頭死亡、風車の騒音か(09/05/25)
  • 中国・田湾原発、先月爆発火災事故発生(08/09/19)
  • 四川省:余震400回以上、電力・救援物資不足(08/09/03)
  • 中国:アフリカ・インフラ産業への投資額増大(08/07/15)
  • 風力発電機のブレード 強風で折れる=英国(08/06/30)
  • 中国:四川大地震と石炭不足で発電所閉鎖(08/05/23)
  • 中国:95%の火力発電所衰退に直面か(08/03/04)
  • 中国前指導者・李鵬脳卒中、危険な状態(08/02/07)
  • 仏:中国へ核技術提供、廃棄物の処理問題に懸念(07/11/30)
  • アジア発展を阻む地球温暖化=国際団体(07/11/21)
  • 中国広東省汕尾:土地収用賠償問題、村民600人がデモ行進(07/09/11)
  • 世界初の商用太陽エネルギー発電所=スペインセビリア(07/07/22)
  • 中国広西省:1万人が政府庁舎を包囲、装甲車出動、官民衝突(07/07/12)
  • 広東省農民工死傷事件・続報、企業と現地政府の癒着、路頭に迷う農民工(07/07/04)