印刷版   

妊娠初期の親子DNA鑑定急増、性の開放が原因か=中国

 【大紀元日本8月29日】中国国内では近年、妊娠初期のDNA親子鑑定が増え続けている。河南省人民医院は去年1年間で590件以上の依頼を受けた。専門家は、この現象について、性の開放が関係していると指摘する。

 香港紙「大公報」によると、河南省では妊娠初期のDNA親子鑑定を行う人が、ここ2年増え続けている。河南省鄭州大学のある付属病院も最近、出産前の診療センターを立ち上げ、DNA親子鑑定を始めている。

 同鑑定は80年代前半頃から導入されたが、中国国内で流行りだしたのは、2年くらい前から。河南省人民医院は、2000年からこのサービスを始め、初年度は数十件の診療だったが、去年1年間では590件あまりに達したという。

 報道によると、中国国内において、同鑑定の件数は年間2割のペースで増加しており、そのほか浙江省や広東省では、年間4割から5割のペースで増加している。

 同鑑定が流行ることについて専門家は、相手の男性を確定できない妊婦が増えていると指摘。その原因について、昨今の性の開放が根源にあると分析している。鑑定後、中絶を選ぶケースも少なくないという。

 医療関係者によると、同鑑定の手順は非常に簡単で、本人証明などは必要ない。毛髪のサンプルがあれば、鑑定する男性本人が病院に行かなくても済むという。

 また、中国地方紙「重慶時報」は、昨年重慶市で行われた約千件の親子DNA鑑定のうち、1割は非親子関係であったと報じている。

(翻訳編集・叶子)

 (09/08/29 09:46)  





■関連文章
  • 工場従業員数千人による抗議要求、政府が承諾=河南省(09/08/20)
  • 米国研究チーム、エイズ全遺伝子情報の解読に成功(09/08/10)
  • 中国の食品スーパー、食品にいたずらする「モミモミ族」出現(09/07/26)
  • 河南省と山東省で手足口病が流行、死者61人に(09/05/08)
  • 中国河南省:退役軍人の街頭抗議 交通も遮断(09/05/03)
  • 寄宿学校で小6生徒300人以上が食中毒=河南省(09/03/25)
  • 中国河南省団地爆発、死者5人負傷者100人以上(09/03/09)
  • 寒風に風船を売るお婆さん(08/12/06)
  • ベルギーテレビ局記者、エイズ取材妨害受ける=中国河南省(08/12/02)
  • 学校グランド売却に反対、学生数千人が抗議=中国河南省(08/09/09)
  • 出稼ぎ労働者の子供たちの就学問題(08/08/24)
  • 北京での陳情を試みるエイズ感染者ら、逮捕監禁される(08/08/19)
  • バス転落事故、15人死亡20人負傷=河南省(08/08/17)
  • 五輪開催都市でインターネット封鎖実施(08/08/05)
  • 中国河南省:暴風雨とひょう、百人余りが負傷(08/06/06)