印刷版   

中国中央政府機関紙、初の倒産

 【大紀元日本9月17日】中国記者新聞協会が運営する「中華新聞報」が8月末に倒産したことが明らかになった。同新聞社は中央政府が直轄する機関紙であり、1993年5月に創刊、最高指導部の通達を掲載する権限を持つ新聞紙として中共宣伝部に重視されていた。中央政府管轄の機関紙が倒産したのは初めてのこと。

 中国政府系機関紙は、イデオロギー宣伝と世論統制の役割を担い、税金で運営されているため、経営危機に陥ることはなかった。「国家新聞出版総署」の関係者の説明によると、最近では全国の政府系新聞社が改革の対象となり、自主経営の体制に移行し始めている。今回の「中華新聞報」の倒産は、体制改革の結果とみられている。

 北京在住の作家でジャーナリストの凌滄洲氏は、倒産の理由を二つ挙げている。「まず、行政の干渉が強すぎること。報道する情報を新聞社自ら決めることができない。二つめの理由は、中国のインターネットが発展する中で、新聞社に多くの報道制限を強いると、紙面の魅力がなくなってしまうこと」と破綻の原因を指摘した。

 同新聞社の負債額は公表されていないが、南京市のある広告企業は「中華新聞報」に15万元(約200万円)を騙し取られたとネットで訴えている。

(翻訳編集・叶子)

 (09/09/17 10:37)  





■関連文章
  • オバマ政権、中国製タイヤに上乗せ関税  全米鉄鋼労組(USW)が背後に(09/09/15)
  • 米紙媒体、相次ぐ倒産 大紀元新聞社頭角を現わす(09/08/28)
  • 銀行ローン貸出残高拡大、不良債権とバブル化懸念=中国(09/08/18)
  • 前FRB議長:世界同時不況の原因は中国などの新興国にある(09/03/21)
  • 国際経済学者:中国のGDP伸び率はほぼ0%近い、政府は中国経済の実態を隠蔽(09/02/19)
  • 全面的に悪化する中国経済、成長モデルの維持は困難(09/02/10)
  • 外資撤退激化、中国経済に大打撃(09/01/13)
  • 中国=11月輸出高、7年ぶり減少(08/12/21)
  • ムーディーズ:中国企業、倒産の波が拡大 (08/11/23)
  • 温首相の自信と裏腹、崩壊寸前の中国経済(08/11/15)
  • 中国広東省:相次ぐ倒産の波、緊急事態に(08/11/14)
  • 新卒大学生向け企業説明会、15万人が殺到=中国広東省(08/11/06)
  • 中国玩具輸出企業、今年半数が倒産(08/10/22)
  • 大手企業賃金滞納、労働者抗議デモ=中国浙江省(08/10/16)
  • 資金チェーンの断裂、広がる中国民間企業の倒産ブーム(08/08/21)