THE EPOCH TIMES

中共政権樹立60周年、警戒態勢は「有事並み」

2009年09月25日 05時00分
 【大紀元日本9月25日】今年10月1日で政権樹立60周年を迎える中国共産党は、国威発揚のための重要なイベント「大閲兵(軍事パレード)」の成功に備え、厳戒態勢を強めている。

 市内には赤い腕章をしたおよそ120万人の市民パトロール隊が動員され、監視の目を光らせる。また、9月に入ってからは7千人あまりの武装警察が夜間の市内パトロールを始めた。

 今月15日から10月8日までは、さらに取り締まりを強化する。北京市を出入りする約200カ所の主要道路には検問所が設けられ、24時間体制ですべての搭乗者と車両に対してセキュリティ・チェックが行われる。また、列車や長距離バスなどで北京市内へ入る際には、身分証明書の提示が義務付けられている。

 祝賀期間中は、天安門広場を中心とする市内半径200キロの範囲で、飛行機や伝書バト、凧(たこ)揚げも厳禁だ。

 軍事パレードを中心とした予行演習は8月末以降、週末を中心に実施されてきたが、主会場の天安門広場周辺とパレード会場の長安街などはその度に全面通行禁止となった。

(翻訳編集・叶子)

関連キーワード

関連特集

^