印刷版   

中国製タイヤ。米の上乗せ関税で、中国ではさらに10万人の失業者が見込まれる。(Getty Images)

オバマ政権、中国製タイヤに上乗せ関税  全米鉄鋼労組(USW)が背後に

 【大紀元日本9月15日】米オバマ大統領は11日、中国製タイヤに対する緊急輸入制限(特別セーフガード措置)の発動を発表。自動車および軽トラック用のタイヤに対して35%の上乗せ関税が課される。これに対して、中国商務部は決定に強く反発しており、米国内でも反対の声が上がっている。

 今年4月、全米鉄鋼労働組合(USW)は国際貿易委員会(ITC)に対して、中国からのタイヤ製品の急増で、米タイヤ製造業は存続の危機に直面していると訴えた。中国製タイヤの輸入量は2004年の1500万個から、2008年の4600万個に急増。この増加率215%が、米タイヤ製造企業5社の倒産とタイヤ製造労働者の失業をもたらしたと指摘し、中国製輸入タイヤに対して55%の上乗せ関税を勧告したことが、今回の緊急輸入制限措置の発動になったいきさつである。

 AP通信社によると、オバマ大統領は北京側の不満を避けるために、ITCが提案した55%の関税率は選択せずに、実施日より3年の期間を設けた。これまでの4%未満の課税に対し、初年度の上乗せ関税率を35%、2年目を30%、3年目を25%としている。

 12日、中国商務省の姚堅報道官は、世界貿易機関(WTO)の規則違反とし、対抗措置を取る可能性を示した。

 一方、米国の殆どのタイヤ製造企業はUSWの動きを支持していない。これらの企業は中国および米国の両国で製造を展開しているからだ。中国ゴム工業協会の情報によると、中国から米国へ輸出したタイヤの15%が米企業の中国工場で製造されたものだという。

 USWの行動の裏には、米タイヤ製造企業との緊迫関係も絡んでいる。USW側は上乗せ関税で米タイヤ製造企業に圧力をかけ、国内工場の閉鎖に追い込み、海外移転を中止させることを望んでいるようだ。

(翻訳編集・余靜)

 (09/09/15 23:59)  





■関連文章
  • サーシャちゃん、大統領とかくれんぼ=米ホワイトハウス(09/09/08)
  • ケネディ家の最後の政治家、エドワード上院議員逝去(09/08/28)
  • 米紙媒体、相次ぐ倒産 大紀元新聞社頭角を現わす(09/08/28)
  • 北京当局、著名人権活動家を釈放、オバマ訪中をにらんでか(09/08/28)
  • 医療改革に不安、オバマ大統領の支持率下り坂(09/08/23)
  • 銀行ローン貸出残高拡大、不良債権とバブル化懸念=中国(09/08/18)
  • 米女性記者2人解放、クリントン米元大統領訪朝終了(09/08/06)
  • 米中対話、オバマ米大統領人権問題提起(09/08/02)
  • 仏ミシュランのリストラ計画、「燃え上がるタイヤ抗議」 (09/06/20)
  • メキシコ:保育園火災で園児31人死亡(09/06/07)
  • オバマ米大統領、監禁中の中国人記者らに言及(09/05/06)
  • 新型インフル:米政府関係者メキシコで感染(09/05/02)
  • オバマ米大統領の移民改革、違法移民の合法化探る(09/04/11)
  • 国連人権理事会建て直しなるか:米国、理事国選挙に初出馬(09/04/04)
  • 米オバマ大統領、GM・クライスラー再建計画提出期限を通告(09/03/31)