印刷版   

デモの様子(AFP)

中絶法令緩和に反対 100万人がデモ=スペイン

 【大紀元日本10月19日】スペインの首都マドリードで17日、約100万人が街頭でデモを行い、社会労働党政府が提案した中絶法令緩和案に抗議した。

 抗議者らは「命は皆大切」等のスローガンを掲げ市街地を行進し、政府によるこの緩和計画に抗議した。また、アルカラ門のある独立広場では集まった人々が約300個の白い風船を空に放った。

 デモの対象となったこの法令計画は与党が提案したもの。妊娠14週未満の女性が中絶手術を無制限に受けられることや、16歳以上の女性が両親の同意なしで中絶を行うことを許可するなど、現中絶の制限法令を緩和する内容。

 スペインでは国民の大多数がカトリック教徒である。だが、近年はローマ教皇庁が反対している避妊具の使用や同性婚の解禁など、社会的には政権分離の思想が進んでいる。








デモの様子(AFP)

(翻訳編集・坂本)


 (09/10/19 07:31)  





■関連文章
  • 中国の大型連休、中絶ラッシュ(09/10/09)
  • 妊娠初期の親子DNA鑑定急増、性の開放が原因か=中国(09/08/29)
  • 50万人カトリック教徒がデモ、政府の暴行に抗議=ベトナム(09/08/11)
  • 11歳少女が巨大ナマズ釣り上げる(09/07/20)
  • 9歳の男児が小説を出版、世界最年少の作家に(09/05/26)
  • ハリケーンクラスの強風で死者15人=スペイン・フランス(09/01/28)
  • 英国議員、北京五輪参加選手を非難(08/09/07)
  • 五輪閉会直前、カトリック教主教秘密逮捕(08/08/28)
  • カトリック香港司教「中国の極端な愛国主義は危険」(08/06/07)
  • 2億700万円契約獲得、神父が一躍音楽スターに=アイルランド(08/04/30)
  • 欧州、中国への警戒感強まる(08/04/16)
  • スペイン裁判所、法輪功修練者による江沢民・元国家主席らへの刑事告訴を受理(07/12/06)
  • バチカン承認の中国人主教、監禁中に死亡(07/09/14)
  • 地下教会聖職者3人、中国当局に逮捕される(07/07/31)
  • 中国天主教愛国協会50周年:ローマ法王、「複雑だ」と訪中に消極的(07/07/26)