印刷版   

ギニア軍事政権を率いるカマラ大尉 (SEYLLOU/AFP/Getty Images)

中国、対アフリカ資源確保戦略を加速

 【大紀元日本10月18日】13日、西アフリカのギニア軍事政府が、中国からの約70億ドル規模の投資による石油・ウラン・鉄鋼石など原資材の開発計画を発表した。翌日の14 日、原油の新たな輸出ルートを得るため、中国が油田開発を行うスーダン南部とケニアの港をつなぐ輸送回廊の建設プロジェクトについて、ケニア政府と交渉していることが伝えられた。また、先月28日、中国によるナイジェリアの60億バレルの油田への投資協議が報道された。北京政府は最近、アフリカでの資源確保のペースを加速している模様。

ナイジェリア油田への投資

 9月28日付けの英紙「ファイナンシャル・タイムズ」(FT)によると、中国国営の三大エネルギーグループの一つ、中国海洋石油(CNOOC)は、ナイジェリアの確認埋蔵量の6分の1に相当する60億バレルの油田への出資を協議している。協議が決定すれば、シェル石油、シェブロン、トータル、エクソンモービルなどの欧米のスーパーメジャーと競合することになる。ナイジェリアのウマル・ヤラドゥア大統領がCNOOCの代理業者Sunrise社に宛てた書簡の中で、協議の詳細が明らかにされている。

 中国側の投資額は書簡には明記されていないが、詳細から約300億~500億米ドルと推定される。

 ナイジェリアの大統領経済顧問、タニム・ヤクブ(Tanimu Yakubu)氏は、「中国は60億バレルの確保には至らないかもしれない。我々はこれまでの友人は失いたくない」としながら、中国からのオファーは従来の石油大手よりはるかに条件が良いと洩らし、「このような競合は歓迎したい」と語っている。

ギニア軍事政権を後押し

 ナイジェリアでの動きは、北京当局がアフリカでの資源確保の野心の小さな一つにすぎない。

 13日付けの米VOAニュースでは、 ギニアの石油・ウラン・鉄鉱石などの原資材の開発プロジェクトおよびインフラ建設に中国が投資するというギニア鉱業省の発表を伝えている。

 ギニア鉱業省によると、同プロジェクトは資源開発事業としてはアフリカで最大規模となる。また、事業に必要な財源の大部分は中国からだという。

 ギニアのシアム(Thiam)鉱業相によると、香港を拠点とする中国国際基金(CIA)は、採鉱設備、道路、住宅、電力、飲料水のプロジェクトに対し、70億米ドル以上を投資する。同相は、アンゴラでの中国の事業実績に基づき、プロジェクトの成功を確信していると語る。協議は今年中にもまとめられる見込みという。

 ギニアは世界最大のボーキサイト埋蔵量を誇り、金、ダイアモンドも豊富。

 一方、人権団体らは、中国の開発事業は、ギニア軍事政権が維持するための資金源になると懸念している。

 ギニアは、前大統領の死後、カマラ大尉が実験を握る軍事政権。来年1月の大統領選挙にカマラ大尉が出馬する動きに対して、9月に抗議デモが発生した。治安部隊による武力鎮圧で、路上で兵士が婦女暴行するなどの事件となり、死者は150名以上にのぼった。これに対してベルナール・クシュネル仏外相は、国際的な介入を呼びかけ、アフリカ連合(AU)はカマラ大尉が選挙に出馬する場合、制裁措置を発動する意向を示している。

スーダンを意識したケニアでの港湾開発

 ケニアでは昨年、4万ヘクタールの農耕地を貸与する代わりに、港湾開発に35億米ドル投資するという、カタールとの交渉が決裂。現在、ケニアのオディンガ大統領は、同事業の開発には中国の援助が適切との見解を、FT記者に示している(14日付け同紙報道)。

 ケニアには、中国企業を引きつけるだけの豊かな鉱物資源が埋蔵されているという確認はない。しかし、隣国スーダンの石油利権を広域にわたって獲得しており、エチオピアなどにも貸付けし、東アフリカの公共設備事業で優勢な立場にある中国にとって、ケニアは地理的に魅力ある国だ。ケニアの港湾を開発し、輸送回廊を建設することで、原油を運び出す新たなルートを獲得するのが狙いだ。

 ケニアのエネルギー相によると、CNOOCは、今月末からケニア北部の地区で原油の試掘を開始する。また、東海岸にあるラム(Lamu)の入り江での原油探索権も所有する。このラム湾につながる道路・鉄道網は、ケニアの第二の回廊とも呼ばれ、 ケニア北部の発展を促し、エチオピアとスーダンの回廊に結ばれる地域の経済成長が加速されることが見込まれる。また、軍事政権から自治を認められている南部スーダンの原油を運び出す新ルートが生まれる可能性もある。

 中国の輸入高はマイナス続きであるにもかかわらず、鋼材、原油などは顕著な伸びを見せている。中国の対アフリカ戦略が、この顕著な伸びの背後に見え隠れする。

(編集坂本・鶴田)


 (09/10/18 07:15)  





■関連文章
  • 「国務長官は私だ」=夫の政策を聞かれ、ヒラリー・クリントンが立腹(09/08/14)
  • 中国=買いあさりで原材料需要過多(09/06/25)
  • G20:緊急支援枠1兆ドル超の確保で合意、世界主要株市場が好感し株価が上昇(09/04/05)
  • 大規模交通事故により66人死亡=ブルキナファソ(08/11/17)
  • 貿易自由化後の貿易障害=アフリカ(08/09/20)
  • パプアニューギニアでM6・3の強震発生(08/08/31)
  • 車両衝突事故発生16人死亡=ナイジェリア(08/08/25)
  • 中国:株市場支援策出されず、株価暴落(08/08/14)
  • アメリカ専門家:原油高騰のメリット(08/08/12)
  • 中国:アフリカ・インフラ産業への投資額増大(08/07/15)
  • G8洞爺湖サミット:石油価格、食糧問題、地球温暖化が議題(08/07/08)
  • 【ショートストーリー】シャーマン(08/07/07)
  • 【コメディー】抗日戦争記念館(08/07/01)
  • ゴールドマン・サックス:原油価格、向こう6ヶ月~2年間に1バレル=200ドルへ上昇も(08/05/11)
  • 米上院報告書:中国のソフト・パワーを分析、限定的な影響力(08/05/09)