印刷版   

アメリカ人俳優ジョシュ・ハートネット(中央)、SMAPの木村拓哉(右)、韓国俳優イ・ビョンホン(右二)が映画「アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン」の宣伝で、釜山国際映画祭に姿を現した(Getty Images)

釜山映画祭、キムタクが絶好調

 【大紀元日本10月16日】

 韓国・釜山で開催中の「第14回釜山国際映画祭」で特別上映されるフランスのサスペンス映画「アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン」を宣伝するために、主演のアメリカ人俳優ジョシュ・ハートネット、共演のSMAP・木村拓哉(キムタク)、韓国俳優イ・ビョンホンが会場となるセンタムシティのレッドカーペットに姿を現した。

 ファンが熱烈な歓声でハリウッドスターのジョシュ・ハートネットの到来を迎えた。しかし、イ・ビョンホンの誘いに応じて、急遽映画祭に参加することになった人気アイドルグループSMAPのメンバー・木村拓哉の登場はもっとも注目された。空港から、記者会見および8日夜の開幕式まで熱心なファンの姿が絶えなかった。

 「アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン」はベトナム出身、フランス在住のトラン・アン・ユウ監督のサスペンス作品である。同監督は62年生まれ、1993年デビュー作品の「青いパパイヤの香り」でカンヌ国際映画新人賞を獲得、1995年2作目「シクロ」はベネチア国際映画祭でグランプリを受賞、今回の作品「アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン」は彼の9年ぶりの作品となる。

(翻訳編集・楊J)


 (09/10/16 05:00)  





■関連文章
  • 北朝鮮ミサイル発射、困惑する韓国(09/10/15)
  • 韓国政府への海外ハッカー攻撃、最多は中国から(09/10/10)
  • 韓国科学技術の漏えい事件が増加、大部分が中国に流出(09/10/07)
  • カーディル議長ドキュメンタリー上映決定、中国反発=台湾高雄映画祭(09/09/22)
  • 韓国で中国人集団暴力事件 中国大使館が関与か(09/09/16)
  • 新型インフル感染拡大、韓国政府、対策を急ぐ(09/09/04)
  • 関西在住法輪功学習者、韓国政府の難民申請者強制送還に抗議(09/09/01)
  • 豪首相、中国を牽制: 「誰を入国させるかは我々が決める」(09/08/26)
  • 北朝鮮の弔問団 金大中元大統領へ哀悼の意示す (09/08/22)
  • ますます注目される、カルガリー国際映画祭=カナダ(09/08/12)
  • メルボルン国際映画祭、ハッカーが攻撃(09/07/29)
  • 韓国キリスト教団体記者会見、法輪功学習者の強制送還に反対(09/07/28)
  • 中国当局の反対を制し、ウィグル人のドキュメンタリー映画上映へ=メルボルン国際映画祭(09/07/24)
  • 東京・南麻布:韓国在住の中国籍法輪功学習者強制送還に抗議(09/07/13)
  • 第三回神洲国際映画祭、東京で開催(09/07/03)