印刷版   

米アラスカ州沿岸、46億米ドルの漁業資源が危機(TATYANA MAKEYEVA/AFP/Getty Images)

漁業資源に深刻な影響 酸化進むアラスカ沿岸海域=米国

 【大紀元日本10月28日】

 米アラスカ沿岸領域の海水が二酸化炭素(CO2)を大量に含み、熱帯水域を遥かに上回る速さで酸性化が進んでいる、これにより海洋生態と46億米ドルを超える漁業資源が危機に直面していることが最近の研究で明らかになった。

 AP社によると、アラスカ大学フェアバンクス分校の海洋化学者ジェレミー・マティス(Jeremy Mathis)教授がアラスカ周辺海域の海水の調査を行い、熱帯地区の海水よりも酸性度が高いことを発見した。これは冷水のほうが暖かい水よりも吸収した気体を発散しにくいためで、アラスカ沿岸の海水の酸性度が高いのは、この海域は広大な大陸棚の浅海域の為、海水は温度の低い深層海水と混ざりやすく、より多くの二酸化炭素を含有すると考えられる。

 別の要因として「Biological pump(生物間輸送)」が考えられる。アラスカ海洋の豊富な植物プランクトンが光合成を行うことにより二酸化炭素(CO2)を吸収し、酸素を放出する。これらの植物プランクトンが死んで海底に沈み、分解されると大量の二酸化炭素成分(CO2)が海水中に蓄えられ、アラスカ浅海域の海水の酸性化を加速させる。

 また二酸化炭素(CO2)は海水に溶け込む過程において炭酸を形成し、海水中の炭酸カルシウムを減少させる。この炭酸カルシウムは海洋生物が甲殻および骨格を形成するために必要なミネラル成分である。アラスカ湾のミネラル成分の含有量は非常に低く、カニやそのほかの有機体を含む有殻生物は堅い甲羅や殻を作ることができない。

 海水の酸性化は裸甲殻類(ハダカカメガイなど)にも影響を及ぼしている。これらは食物連鎖の基層に位置し、ベニザケの餌となる生き物の半分がこのハダカカメガイだという。ハダカカメガイの少ない年は成体ベニザケの体重が2割少なく、このことから海水の酸性化はアラスカ海域において重要な経済価値をもつ漁業資源に密接な影響があるといえるだろう。

 研究員はアラスカ漁業管理機構に対し海水における酸性化の研究論文を提出し、二酸化炭素(CO2)の排出量削減について早急に行動をとるべきと警告している。

(翻訳編集・坂本)


 (09/10/28 05:00)  





■関連文章
  • 海外上場16年で10兆円を調達 中国企業、不正頻発(09/10/14)
  • 中国、二酸化炭素排出量世界一=IEA報告(09/10/11)
  • 融資難で倒産相次ぐ 貢献度高い中国中小企業のエレジー(09/09/18)
  • EU商工会議所会長 「中国当局は、外資系企業への規制を強化」(09/09/10)
  • 誠実の価値、代え難い無上の宝(09/09/07)
  • 銀行ローン貸出残高拡大、不良債権とバブル化懸念=中国(09/08/18)
  • 山東省「ガン県」、汚染に苦しむ住民が決死隊結成(09/06/20)
  • 厳寒のシドニー:会社経営者など200人がホームレスを実体験(09/06/17)
  • 中国企業、日本・水源地の買収計画(09/05/16)
  • 中国国務院、外国金融情報提供企業の報道取材を禁止(09/05/04)
  • 豚インフル感染拡大:世界経済回復を打撃、強まるリスク回避の円買い(09/04/29)
  • 国有大手企業の従業員3百人、給料未払いでストライキ=重慶(09/04/16)
  • 前FRB議長:世界同時不況の原因は中国などの新興国にある(09/03/21)
  • 中国:質屋が中小企業の新たな資金調達ルートに(09/02/25)
  • 国連専門家、温暖化進行速度予期以上に速い(09/02/17)