印刷版   

秋季干ばつにより、17万人の飲用水不足=福建省

 【大紀元日本10月18日】アモイ紙「海峡導報」によると、今年は夏以降、福建省では降水量が少なく、気温の高い日が続いている。同省では軽度の干ばつが発生しており、農作物被害面積は13万ヘクタール、17万人以上の飲用水が不足している。特に泉州の一部地区では、生活用水が不足しており、沿岸地区の村でも飲用水の確保が困難な状況だ。関連部門はこの先3か月、一部の地区で干ばつが持続・悪化すると予測している。

 今年1月から10月初めまでの福建省の降雨量は1185ミリ。例年同時期に比べ20%減少している。

(翻訳編集・坂本)


 (09/10/18 06:00)  





■関連文章
  • 中国南方、深刻な干ばつ(09/09/01)
  • 「南水北調」プロジェクト、三峡ダムより深刻な環境破壊の恐れ=中国(09/08/31)
  • 台風8号中国南部上陸、被災者340万人、死者1人(09/08/11)
  • 大型台風8号、過去50年で最悪の被害=台湾(09/08/10)
  • 連日の猛暑、広範な干ばつと飲用水不足=湖南省(09/07/25)
  • 中国16省で洪水・冠水発生、死者41人(09/06/12)
  • 中国湖北省:集中暴雨で死者4人、行方不明者6人(09/06/02)
  • 中国大陸気候失調による各地の状況(09/05/08)
  • 長期干ばつ、地球温暖化の元凶(09/03/30)
  • 大干ばつが続く中国東北部、暴風雪で積雪50cm(09/02/14)
  • 中国で大干ばつ、小麦43%に被害(09/02/07)
  • 深刻な干ばつで73万人が水不足=山西省(08/12/20)
  • 緑と水にうるおう北京、干害に苦しむ隣省(08/08/15)
  • 北京五輪開会式:晴天確保に「人工消雨」ロケット弾、千発打ち上げ(08/08/10)
  • 新疆ウイグル自治区、30年来最も深刻な干ばつ(08/07/26)