印刷版   

集会で演説するサラトガ市長(梅青/大紀元)

ユダヤ人を救った領事代理、杉原千畝の記念集会=米国

 【大紀元日本10月29日】25日午後、米カリフォルニア州サラトガ市のユダヤ教会「コングリゲイション・ベイス・デイビッド」で、日本の「シンドラー」と称えられた外交官・杉原千畝(すぎはら ちうね)を記念する集会が開かれ、教区内の大通りが「チウネ・スギハラ・ウェイ」と命名された。日本領事館領事、サラトガ市長、第二次世界大戦での迫害生存者の子孫など、数百人のユダヤ人後裔や政府関係者が参加した。

 集会では、午後1時から、地元のボーイ・スカウトたちがヘブライ語で記念の歌を披露し、サラトガ市長、日本領事館領事などの記念演説に続き、杉原千畝に関するドキュメンタリーが上映された。

 第二次世界大戦中、ドイツの迫害から逃れようとしてポーランドからリトアニアに逃亡してきたユダヤ人が、カウナスにあった在リトアニア日本領事館にビザの発給を求めた。当時、日本はドイツと同盟国の関係にあり、外務省から「ビザの発給は許可しない」との指示があったにもかかわらず、領事代理を務めていた杉原氏は、記録に残っているだけでも2139枚のビザを発給し、当時リトアニアにいたユダヤ人の3分の1に相当する6千人以上を救った。後にこのビザは「命のビザ」と呼ばれるようになった。

 ドキュメンタリーの中で、ソ連政府と日本政府からの退去命令を受けた杉原氏が、リトアニアを出発する当日になっても、駅のホームで列車の出発寸前までビザ発行を続けたことが描写されている。杉原氏は日記に、「私は政府に服従しなかったかも知れません。しかし、こうしなければ、私は神様に服従しないことになります(I may have disobeyed my government but if I didn’t I would be disobeying God.)」と記した。杉原氏の義挙のおかげで数千人のユダヤ人がドイツ・ナチスの迫害から逃れることができ、生存者たちの後裔が自由と平和の生活を過ごすことができた。

 ドキュメンタリーのエンディングに人々は熱い涙を流した。地元ユダヤ人コミュニティメンバーのアダムさんは、真のヒーローを記念することができてとても嬉しく思い、自分も杉原氏のように政府権力の圧力に屈することなく、自ら正しいことを選択し正しいことを行いたいと語った。

 ナチスの迫害政策を逃れた生存者の後裔代表は、祖父母が杉原氏のビザで救われたと話し、杉原氏の行いは、一人の力でも多くのことが変えられる証になると語った。

(記者・梅青、翻訳編集・余靜)


 (09/10/29 06:18)  





■関連文章
  • 関西在住法輪功学習者、韓国政府の難民申請者強制送還に抗議(09/09/01)
  • 米フラッシング事件:在米台湾人、中国領事館工作員の画策を証言(08/06/21)
  • 華人に真相伝え、法輪功3千人パレード=ニューヨーク(08/06/16)
  • 米NYフラッシング事件、米議員らが強い関心を寄せる(08/06/06)
  • NYフラッシング事件:嫌がらせの中国人、金銭授受の現場目撃される(08/06/04)
  • 米NYフラッシング事件:中国人暴徒は国外退去すべきだ=華僑基督教徒(08/06/01)
  • 米ニューヨーク:中国総領事、中国人集団襲撃事件の策謀認める(08/05/24)
  • 米ユダヤ団体、全世界の同胞に北京五輪ボイコット呼びかけ(08/05/02)
  • 豪州政府:五輪トーチリレー中、過激化中国人留学生を起訴(08/04/30)
  • 【神韻芸術】欧州巡回公演、満場の拍手で閉幕(08/04/20)
  • 神韻米公演を妨害する中国領事館、米議員・市長ら有識者に誹謗中傷の書簡(07/12/23)
  • 在日ビルマ人ら、中国総領事館に抗議=名古屋(07/11/29)
  • 法輪功迫害ドキュメンタリー、カナダCBC局中止後再度放送決定(07/11/12)
  • 中国駐日本在外公館、法輪功修煉者への旅券交付拒否(07/11/02)
  • ビルマ民主化同盟:犠牲者の追悼、平和への祈り=名古屋(07/10/28)