印刷版   

グワナバラ湾に面した、ツンと突き出したような奇岩「ポン・ジ・アスーカル」とコパカバーナ海岸。リオのシンボル的スポット (VANDERLEI ALMEIDA/AFP)

観光と情熱の町、リオデジャネイロ

 【大紀元日本10月10日】

 2016年夏期オリンピック開催地に決まったばかりのリオデジャネイロ。ブラジル南東部の大西洋沿岸に位置するこの町は、巨大キリスト像や美しい海岸線、リオのカーニバルなどが有名だ。

ブラジル最大の港湾都市、リオデジャネイロ。シドニー港、サンタルチア港と並んで、世界3大美港の1つ(VANDERLEI ALMEIDA/AFP)

コルコバードの丘に立つ高さ30メートルの巨大なキリスト像。2007年、新・世界七不思議に選ばれた(Adriana Lorete/AFP/Getty Images) 

ポン・ジ・アスーカルに向かうロープウェー (David Silverman/Getty Images)

リオ・ニテロイ大橋 (VANDERLEI ALMEIDA/AFP)

コパカバーナ海岸。海岸沿いにホテルやブティックが並ぶ(VANDERLEI ALMEIDA/AFP)

イパネマ海岸。おしゃれな雰囲気が漂うブラジル・ファッションの発信地だ (VANDERLEI ALMEIDA/AFP)

世界最大規模のサッカー場、マラカナン・スタジアム。2016年開催予定のオリンピック開会式/閉会式とサッカー競技もここで挙行される(VANDERLEI ALMEIDA/AFP/Getty Images)

リオのカーニバル。その派手さと規模の大きさで世界的に有名 (VANDERLEI ALMEIDA/AFP/Getty Images)

10月2日、コパカバーナ海岸で五輪開催決定を喜ぶ人々(VANDERLEI ALMEIDA/AFP/Getty Images)

(翻訳編集・心明)

 (09/10/10 05:00)  





■関連文章
  • 2016年五輪はリオデジャネイロに、東京は2回目で落選(09/10/03)