印刷版   

16日午前10時前、江蘇省の南京城東紫金山に降り積もる雪の様子(ネット写真)

中国南方の各省で大雪 氷結被害も

 【大紀元日本11月18日】北方からの寒波が南下し、中国南方各省は、今週から各地で大雨や大雪の天気に見舞われた。一部の地区では、氷結被害などが出ている模様。また、交通機関も影響を受け、全面休校とした地区もある。

江蘇省、50年に一度の大雪

 15日夜から大雪に見舞われた江蘇省では、翌日午前、中国の気象台部門が重大気象災害レベル4の緊急対応命令を発動。同時に暴雪のブルーシグナルも発令された。同省南京市では交通に影響が及び、同市江南江北の主要通路である南京長江大橋が大渋滞となった。多くの市民が徒歩で橋を渡って出勤したため、橋には数キロの人波ができた。

南京城東紫金山に降り積もる雪の様子(ネット写真)

南京城東紫金山に降り積もる雪の様子(ネット写真)

安徽省20市県で暴雪警報


 
安徽省合肥市街頭の様子(ネット写真)

安徽省では15日午後1時より大雪となり、20市県で暴雪警報が発令された。16日午前8時までの同市の雪による被害人口は8万人を超え、農作物9千畝(ムー:1畝は6・667アール)、林業地5・1万畝が被害を受け、民家50軒が倒壊している。直接経済損失は705万元と算出されている。

湖北省、大雪のため17日の最低気温は0度以下

 内陸の湖北省では寒気の侵入により大雪、局地的に豪雪、氷結災害も発生している。9日には例年同時期と比べると珍しい、強い対流のもたらす天気となり、荊門ではレベル8の風を記録した。17日朝は全省で最低気温が0度を下回った。気象庁は18日から20日にかけて再び雪となり、さらに被害が拡大するものと予測している。

湖南省西部で氷結被害

 16日朝、湖南省北部地区では雪が舞い始め、急激な気温低下により西部の武陵山や雪峰山で氷結現象が現れ始めた。午後には洞庭湖畔の岳陽市で最低気温1度、長沙市では0・2度となった。また長沙市では気温の低下に伴い衣料品店や靴店などが売り上げを伸ばしている。

江西省、今冬初の降雪

 16日昼、江西省では今冬初の雪が降った。最新の気象情報によると、降雪範囲が徐々に拡大している模様。強い寒気の影響により、15日午後から廬山では氷雨が降り始めた。16日午前8時、降水量は21ミリを超え、最低気温は零下6度となり、レベル7から8の東北の風が吹いた。

広東省では樹氷、ガードレールに薄氷

 亜熱帯気候の広東省では、京珠高速道路広東韶関雲岩区間のガードレールに薄氷が張り、周囲の山の樹木にも樹氷が現れた。路政部門と韶関京珠高速大隊は午後4時に氷雪応急試案を発動した。

南方では野菜価格が上昇

 上半期、野菜価格が安定していた南方地区では、雪による低温と最近の一部地区の暴雪により、野菜価格が全般的に上昇し始めた。南方の多くの都市では暴雪により、河北省、山東省等の生産地区の野菜の搬送が困難となり、市場での供給が減少。このため価格は大幅に上昇した。湖北省武漢市でもここ数日の気温低下のため、市場の野菜価格が40パーセントから50パーセント上昇。品種によっては100パーセント以上、価格が上昇しているようだ。

(翻訳編集・坂本)


 (09/11/18 07:48)  





■関連文章
  • 大雪で各地建物が倒壊、38人死亡=中国北部(09/11/15)
  • 新疆ウイグル自治区:30年ぶりの時期はずれの降雪、各地に被害(09/05/31)
  • チベットなど7省地区で大雪、四川・チベットで雪崩発生(09/02/28)
  • 中国大陸の半分が水浸し、9省で水害55人死亡 (08/06/16)
  • 中国南部で暴雨続く(08/06/11)
  • 中国南部で暴雨続き、広東省3大河川に警戒線(08/06/04)
  • 縁起数字「8」、今年の中国には災いを招く?(08/05/24)
  • 四川大地震発生と同時期、中国各地で異常気象相次ぐ(08/05/16)
  • チョモランマ大雪、五輪トーチ登頂リレー難航(08/05/05)
  • 雪害による交通事故、死者379人=中国福建省(08/03/01)
  • 深刻な大雪被害、政府内で初めて厳しい批判=中国広州(08/03/01)
  • 中国の雪害について(08/02/23)
  • 物価上昇への生活防衛策、安い店・特売日狙うとの声多数=内閣府(08/02/20)
  • 中国で再び大雪、都市部で停電(08/02/17)
  • 大雪災害後野菜価格が急騰、インフレ率は7%に(08/02/17)