印刷版   

薬漬けだったベトナムのトロンさんは、法輪功の修煉によって、身体の状態が大きく改善した。(写真・新唐人テレビ)

法輪功アジア交流会、台湾で開催 9国6千人が参加

 【大紀元日本11月25日】世界で多くの人々に親しまれている中国伝統の気功修煉法、法輪功(ファルンゴン)の学習者らは、不定期的に交流会を行い、学習を通じての体験を分かち合っている。22日、アジア地域の交流大会が台湾の台中市で開かれ、世界各地から約6千人が参加した。

 法輪功は、中国の伝統に根ざした身心鍛練法で、1992年に、中国長春市で李洪志(リ・ホンジ)氏により初めて世に伝えられた。「真・善・忍」の原則を宇宙の特性と見なし、それを日頃の生活で実践することで心性の向上を図り、加えて5式の気功動作で健康を維持することが特徴。心身の健康向上において著しい効果があるため、伝えられてから速やかに口コミで中国全土に広まり、1999年の時点で一億人に愛好されていたという。1999年7月、当時の国家主席・江沢民の指示により中国大陸での弾圧が始まったが、迫害の中でも平和的に信仰を堅持する学習者たちの行動が世界の人々を感動させ、世界で広く知られるようになった。

 1999年以前に中国大陸で多くの人に愛好されていた光景が、現在台湾で見られる。今回の交流大会には、台湾だけでなく、アジア地域9カ国から約六千人が参加した。それぞれが異なる文化背景および言語の壁を乗り越え、法輪功の魅力とそれを修煉する動力について語った。

 これまで毎日パソコンの前でゲームばかりしていたベトナムからの参加者トロンさんは、かつて薬漬けであった。この日会場にいるトロンさんは元気そうに、「修煉して数ヵ月後、身体の状態は大きく改善しました」と語り、「妻も今一緒に法輪功を修煉しています。妻も両親も最初は、法輪功が僕をここまで変えたことが信じがたく、驚きました」と優しく微笑みながら語った。

 インド貴族のチトラさんは、「インドにいる大師は、良い人、良い生活を送ることで回帰の道に入れると教えている。しかし、法輪功は私たちに『修煉』を教えて下さった。真・善・忍を修め、自己を修めることによってのみ真の我を見つけることができると教えて下さいました」と語った。

 如何なる儀式もなく、シンプルな会場で、学習者らがそれぞれ日常生活の中での出来事を淡々と語り、如何に真・善・忍に照らして自らを修めるかを語り合った。

 中国語が分からない学習者も、外国語に訳された本を読み動作を練習する中で、同様に心身共に受益できた。マレーシアから大会に参加した林玉樹さんは、「修煉してから、身体も考え方も変わりました。短気ではなくなったのです」と話した。

 ベトナム人のハンさんは、「以前に就いた師は、私が疑問と感じたことをすべて解くことはできなかった。それで、他のものを探し求めました。(法輪功の教えが書かれた)『転法輪(ヅァン・ファ・ルン)』を初めて読み終わった時に、強い震撼を覚えたので、すぐに法輪功を学ぶことに決めました」と語った。


新唐人電視台 http://www.ntdtv.com


(記者・陳冠寰、卓力芳、翻訳編集・余靜)


 (09/11/25 08:28)  





■関連文章
  • 紅葉に咲く優曇華の花 (09/11/24)
  • 新書 「血まみれの臓器狩り」、法輪功学習者から臓器摘出調査報告 カナダで出版(09/11/21)
  • 5年間監禁された中国人女性、米国に帰国 「収容所は地獄同然」(09/11/19)
  • スペイン法廷、江沢民らに「ジェノサイド」を認定(09/11/18)
  • 万象撮影展 台湾海岸多様な景観を記録(09/11/10)
  • 【台湾通信】「禰月」のお祝い:わが子よ、すくすく育て!(09/11/07)
  • <新型インフル>台湾、養豚場で初感染例(09/11/06)
  • 台湾中南部、強い地震発生(09/11/06)
  • カナダ国会、「法輪功の友」を設立(09/11/05)
  • まあ~可愛い! 不思議な三色アカエイ(09/11/04)
  • 生命の選択 「天国と地獄」(09/10/30)
  • Tシャツの印字で一党独裁批判 弁護士が一時拘束=中国(09/10/24)
  • 「台湾向けミサイル撤回が前提」=馬総統(09/10/24)
  • 北京の拘留施設の実態:政府報道と拘束者が語る二つのバージョン(09/10/18)
  • 華人による暴行事件を再審 「中共の浸透に警戒せよ」=在米法輪功学習者(09/10/16)