印刷版   

新疆7・5大規模抗議事件の裁判が行われたウルムチ市中級人民法院(STR/AFP/Getty Images)

<新疆7・5抗議事件>「判決は不公平」 関与者9人の死刑執行を批判=アムネスティ・インターナショナル

 【大紀元日本11月14日】今年7月に起きた新疆ウイグル自治区ウルムチでの大規模抗議事件で、関与したとされる9人の死刑執行のニュースを受け、人権組織アムネスティ・インターナショナルは12日、「判決は不公平」と中国当局を非難した。

 同人権団体によると、9人に対する裁判は1日と異例に短く、弁護士もつかないなど、不公平な裁判だったという。同人権団体のアジア担当官・阮柔安氏は、当局が不公平な裁判の後、直ちに9人を処刑したことに対し、「抗議活動の原因だった社会の不公平さをより一層悪化させるだろう」と話した。

 ウルムチ市人民法院で、逮捕者20人が殺人、傷害、放火、爆破、強盗などの罪名で起訴され、そのうち9人が一審判決で死刑が確定した。そのほか、3人が執行猶予2年の死刑判決を言い渡されている。処刑された9人の名前から、1人が漢人で、その他はウイグル人とみられている。

 ウルムチ市検察院が公表したデータによると、10月初めまでに、抗議事件関与の疑いで逮捕された人数は430人、そのうちの108人はすでに起訴されている。阮柔安氏は、今後の裁判で死刑判決が増え、さらに多くの人が処刑されることを懸念している。同氏は、抗議事件関与者の裁判について、国際的な人権基準に従い、裁判を公開し、死刑は停止すべきであると主張した。また、アムネスティは、武装警察が抗議者らに対して過剰な武力を使った可能性があるとして中国当局に再調査を求めている。

(翻訳編集・楊J)

 (09/11/14 09:48)  





■関連文章
  • 新疆7・5抗議事件 関与者9人に死刑執行(09/11/12)
  • 元ソ連人、新疆で18年間禁固 中国当局、「記録なし」 (09/10/25)
  • ウイグル人学生に、政治的な態度表明を強要=新疆(09/10/17)
  • 新疆「7・5事件」から100日 漢族がキャンドル追悼活動(09/10/15)
  • 新疆「7・5」抗議事件、参加者6人に死刑判決(09/10/13)
  • 就職に無犯罪歴証明書が条件 出稼ぎ労働者、テロ警戒の対象に=新疆(09/10/09)
  • 新疆針刺し事件、他の地域へ拡大 当局は情報封鎖へ(09/10/05)
  • 新疆取材の記者殴打事件に抗議=香港記者協会(09/10/01)
  • ウィグル人抗議事件:中共が画策 民族対立させるため=ラビア氏(09/09/28)
  • ウイグル人の抗議活動再発 当局、戒厳令実施か=新疆(09/09/21)
  • <政権樹立60周年> 天安門殺人事件後、さらに厳戒態勢=中国北京(09/09/20)
  • <政権樹立60周年> 北京大閲兵、強制参加の大学生らが抗議(09/09/19)
  • 新疆ウルムチ抗議事件、国外メディアはこう見る(09/09/13)
  • <新疆ウルムチ抗議事件>自治区党書記の解任を促す、国内外多民族連合書簡、軍人も署名(09/09/11)
  • 新疆で取材中、警察から殴打 香港記者協会が抗議(09/09/10)