印刷版   

精巧でかわいい美肌鑑定ツール

どこでも肌状態チェックOK 携帯型『美肌鑑定』ツール

 【大紀元日本11月5日】

 化粧品メーカー・ファンケル(Fancl)と玩具メーカー・バンダイは、女性のためのスキンケアに本格的に取り込み、携帯型美容ツール『美肌鑑定』(3570円<税込>)を共同開発し、11月30日より全国の雑貨屋・百貨店、ファンケル直営店舗およびバンダイの通販サイトなどで発売する。

 精巧で携帯便利な『美肌鑑定』の使用方法はとても簡単。肌状態・日常生活・心理状態などの10問の質問に答えた上で、本体先端部の美肌センサーを肌に直接あて、肌の水分量を測定し、肌状態の査定値=「肌値(はだね)」を算出する。肌の水分量などの測定結果は液晶画面で表示され、また結果に応じて美容アドバイスも表示される。肌値は千~1千万の範囲で表示され、測定結果を90日間保存できる機能も備わっている。

 ファンケルが高校生~20代後半の女性を対象に実施した調査によると、美容カウンセリングの利用経験率は、高校生で7%以下であり、20代前半の女性でも45%程度に留まった。大多数の女性は1対1の対面で行なう美容カウンセリングにプレッシャーを感じるということで、ファンケルとバンダイは自分で気軽に肌状態を測定できる携帯型美容ツールを開発するきっかけとなった。

 これまでは肌の水分などの状態を測定するのに、エステティックサロンやビューティサロンへ行かなければできなかった。また、手軽に水分を測定できるものでも少なくとも1万円以上を必要とし、皮膚の水分蒸散量測定、水分・油分・PHや光沢(ツヤ、テカリ)の測定装置になると数万円から百万円単位になる。さらに、カウンセリングの場合も費用がかかることから、『美肌鑑定』の値段は女性に受け入れられる可能性が大。『美肌鑑定』は主に女子大生とオフィスで働く女性をターゲットに販売する。

(翻訳編集・李頁)


 (09/11/05 05:00)