印刷版   

今年世界でもっとも注目されている女性、ミッシェル氏(Mark Wilson/GettyImages)

ファーストレディのお勧めの男性の選び方、人柄をみて決める=米国

 【大紀元日本11月21日】

 アメリカのファーストレディ、ミシェル・オバマ氏は今年、世界中で一番人気がある女性である。最近、彼女は輝く真紅のワンピースを身にまとい、有名な雑誌グラモア≪Glamour》の表紙を飾った。最新号としての内容は同誌で最も注目される「今年度の女性」である。

 ファーストレディのミッシェル氏は現在45歳である。彼女の誠実さや率直さは人々から好評を得ている。今回も例外ではなく、彼女は自分の持つ審美眼や人生哲学などをこれからの若い女性の指針のために率直に語ってくれた。例えば、彼女の尊敬する人物、家庭生活のきまりや男性の見方などについての自分の考えや意見を述べてくれた。

 人柄は非常に大切である

 どのような女性が男性にとってよいのだろうか?デートのとき女性はどのように男性にアピールするべきか?

 この質問に対して、ミシェル氏は「かわいい容姿と態度はもちろん大事ですが、一時の華やかさや見た目は決してその人の本質を表せません」と話している。

 ミシェル氏は「人柄は非常に大切で、そのひとの銀行貯金や肩書きを見るのではなく、その人自身をよく見るべきです。慎重に性格や心のあり方を観察し、そして、それらを感じ取るべきです」と彼女の男性に対する見方を語った。

 男性とデートをするとき、女性はどんな心の状態を持つべきか?との質問に、ミシェル氏の答えは、「パートナーとして一緒にいて楽しくい人を選ぶべきです。決して一緒にいてつまらない人とは一緒にならない事です!」

 永遠に子供が一番である

 家庭生活について、ミシェル氏の家庭に対する考えを、「私は永遠に子供が一番です。私はこのことをとても大切にしています。決して彼らの事をどうでもよいと思ったことはありません。男性はご存知の通り、役割として自分自身の向上に重きを置き、子どもの事よりもそういうことにより力を入れているようです」と語った。

 ミシェル氏は親子の教育理念について「私の両親は最も身近な先生でありお手本でありました。私にとってお手本が手に届くほど近くにあったからこそ、それらから習得することが比較的容易にできました。親と子のコミュニケーションは非常に重要です。よいコミュニケーションを持ち、子供の成長に合わせた家庭の雰囲気づくりが大切です、それをする事により子供の成長に大きな違いが生じます。決して子供達と一緒にいる時間を惜しんではいけません」と語っている。

(翻訳:鈴木真弓)


 (09/11/21 05:00)  





■関連文章
  • オバマ大統領にまで? 中国での「言論規制」(09/11/20)
  • 天皇陛下へのオバマ大統領のお辞儀、「尊敬の表現」=米国務省報道官(09/11/20)
  • オバマ大統領訪中:学生との懇談会、「厳密なコントロール」(09/11/18)
  • オバマ大統領が北京入り 直訴者42人、強制連行される(09/11/18)
  • 「Oba-Mao」Tシャツ紹介 CNN記者、上海で拘束(09/11/18)
  • 米オバマ大統領、訪中始まる 中国の国民から高い期待感(09/11/16)
  • 中国一人っ子政策で、深刻な人権侵害=米国会で公聴会(09/11/16)
  • オバマ訪中直前:中国、最新鋭戦闘機をパキスタンへ(09/11/15)
  • オバマ米大統領、アジア歴訪 注目される日米中関係(09/11/14)
  • 中国に大量の「闇監獄」=人権団体報告書(09/11/14)
  • 上海の直訴者ら、集団送還 「何度でも北京に直訴」(09/11/09)
  • 米中貿易摩擦:オバマ訪中を控え、ハイレベル協議(09/11/05)
  • オバマ大統領訪中 在米華人、人権弁護士の救援署名運動(09/10/28)
  • オバマ大統領、中国へのミサイル技術の輸出規制緩和(09/10/19)
  • オバマ大統領にノーベル平和賞 選考委員の過半数が反対(09/10/19)