印刷版   

7日、中国環境監測総站はこの一年の深刻な汚染を発表(写真・新唐人)

10省で濃霧発生 各地で交通の乱れ=中国

 【大紀元日本11月10日】7日、北京・天津地区を含む中国の10省・市・地区が広範囲にわたって濃霧に包まれ、各地の高速道路で渋滞や事故が相次いだ。当局は高速道路を広範囲にわたって閉鎖し、予定していた空軍による航空ショーも中止した。観測によると、今回の濃霧は今年の下半期で最も広範囲に及ぶものだという。

 濃霧は、北京・天津地区、河北、陝西、山西、遼寧、江蘇、浙江、福建、湖南、重慶におよぶ中国の北部から内陸までの地域で発生。濃霧の発生原因について気象専門家は、冷たい空気が入ってこないため、空気中に蓄積された汚染物質が広範囲にわたって留まり、霧の濃度が高まったと説明している。

 
中国全土の濃霧予想図(ネット写真)

北京市、7本の高速道路が閉鎖


 7日朝、濃霧のため、河北省では京瀋、京開、京環、京石など7本の高速道路が閉鎖となり、翌午前には北京で八達嶺高速道路を除く全線が閉鎖した。多くの高速道路では視界が50メートル以下となり、交通規制のため各高速道路入口で大渋滞が発生した。

 
連日、濃霧に見舞われる北京市街(写真・新唐人)

北京市長安街の様子(写真・新唐人)

江蘇省、15台の玉突き事故が発生


 8日朝、江蘇省では沿岸高速道路の江蘇濱海区間で15台の玉突き事故が発生。この事故で3人が死亡、4人が負傷したほか、多くの車両が損傷した。現地の警察は、事故の原因は濃霧によるものとみている。

 
7日午後の江蘇省准安市。濃霧のため、渋滞する道路(ネット写真)

重慶市、8高速道路が閉鎖


 重慶市の各高速道路でも濃霧により視界が30m以下となり、8本が相次ぎ臨時閉鎖となった。気象台は、比較的強い寒気団の到来によって、11日ごろから濃霧は解消されると予想している。

 
濃霧に包まれた重慶市(ネット写真)

成都市空港、3時間以上の閉鎖


 7日、成都双流空港は濃霧のため3時間以上閉鎖し、1万人近くの旅客が足止めされた。

霧の中に見え隠れする海南省瓊海市のビル(ネット写真)

(翻訳編集・坂本)
 

 (09/11/10 05:00)  





■関連文章
  • 中国、年間20か所の湖が消失=世界湖沼会議(09/11/06)
  • 中国北部に強力な寒波 北京、大雪で空港発着便大幅遅れ(09/11/04)
  • 米系華人エンジニア、商業機密窃取の疑いで逮捕(09/10/21)
  • 北京の拘留施設の実態:政府報道と拘束者が語る二つのバージョン(09/10/18)
  • 北京大の人気「学術猫」、哲学芸術の授業が好き(09/10/05)
  • 60周年を迎え、7万台のタクシーに監視装置を義務づけ=北京(09/09/27)
  • 中共政権樹立60周年、警戒態勢は「有事並み」(09/09/25)
  • バス火災発生、原因不明=中国北京(09/09/21)
  • 一夜にして現れた1000メートルの地割れ=中国重慶(09/09/18)
  • 障害新生児が急増 環境汚染の影響か=中国(09/09/17)
  • 不思議な山と岩、「人頭石」は年々老けてゆく(09/09/14)
  • 政権樹立60周年軍事パレード予行演習、北京市中心部を戦車が走行=中国(09/09/13)
  • 2秒に1人、驚くほどの自殺率=中国(09/09/10)
  • UFOが夜空に30分以上出現、光るV字形を数百人目撃=重慶市(09/08/31)
  • 北京、779人がH1N1型感染 中国でトップ(09/08/29)