印刷版   

31日、東京の日本外国特派員協会で記者会見を行うダライ・ラマ14世(中央社)

ダライ・ラマ、中国のチベット政策を非難

 【大紀元日本11月1日】来日中のチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世は31日、東京の日本外国特派員協会で記者会見を開き、中国胡錦涛政権は「調和社会」を築くことを強調しながら、人民解放軍が銃を人民に向けており、チベットに対して武力政策を行っていると非難した。豊かになっている中国は、政府の誠実と信用が欠けており、金があっても社会の調和を築くことはできないと述べた。

 記者会見で中国官製「新華社」の記者が、中国政府の民族政策の下で、チベット文化は漢民族の間で盛んになっており、漢民族とチベット人は平和的に共存することを学んでいると反論した。これに対して、ダライ・ラマは、中国政府は国際社会にチベット人と漢人の関係が改善したと見せかけているだけであり、宣伝目的でこの種の手段を常に利用しているが、現実には、当局と異なる言論は中国政府によって封鎖されていると指摘した。

 また、北京当局は「人民団結」を呼びかけるが、それには人民の信頼が必要だとし、3月14日のチベット弾圧事件の真相を明らかにすべきだと訴えた。

 ダライ・ラマは、21世紀は情報の透明化、言論の自由が求められると示し、中国は徐々に豊かになる中で責任を果たすべきだとし、誠実と信用がもっとも重要であり、金ではないと強調した。

 2003年以降、ダライ・ラマは中国政府との対話を選択し、平和的な方法でチベット問題を解決ようと中道路線に転じたが、未だ結果が出ていない。

 ダライ・ラマは、四国地区仏教連合会の招きを受けて30日に東京入りし、11月1日は都内両国国技館で「地球の未来」と題して科学者らとの対話を行い、3日に愛媛県武道館で講演を行い、4~6日は沖縄を訪問して、翌日東京を発つ予定となっている。

(翻訳編集・余靜)


 (09/11/01 15:01)  





■関連文章
  • ダライ・ラマ、中印国境訪問の意向 中国は反発(09/10/27)
  • ラサ弾圧事件で、4人に銃殺刑執行(09/10/24)
  • ラビア氏再び訪日 中国当局、「強烈な不満」(09/10/22)
  • ダライ・ラマ14世に「ラントス人権賞」、中国当局は反発(09/10/14)
  • 中国当局、チベット人に暴動の自作自演を強要か(09/10/10)
  • チベットで「初」の新型感染死亡者を確認 60周年祝賀で、感染死発表を隠ぺいか(09/10/09)
  • ダライ・ラマとの面会を延期、対中配慮か 米大統領に批判集中(09/10/08)
  • チベット族居住地で抗議活動多発、外国人立ち入り禁止=中国四川省(09/10/06)
  • 米国下院と欧州議会で、中国の民主・人権問題を問う(09/10/03)
  • 漢・ウイグル・チベット人、ロンドン中国大使館前で、民主を求め抗議(09/10/03)
  • ウィグル人抗議事件:中共が画策 民族対立させるため=ラビア氏(09/09/28)
  • 外国人観光客、チベット入り禁止(09/09/23)
  • チベット旗を掲げ、当局のチベット人僧侶逮捕に抗議=中国青海省(09/09/21)
  • 国境線での中国側発砲報道、印政府が否定(09/09/17)
  • 中印国境タワン地区、緊張の焦点に(09/09/12)